ページの本文です。

院長のご挨拶

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

2020年の年初に中国で発見された新型コロナウイルス感染症は、世界中に感染を広げ、パンデミックという状態となりました。ここ、埼玉でも、一時はウイルス陽性者の増加に、医療機関の収容能力が追い付かない事態となり、2020年4月からは、通常の診療が制限されるということもありました。当院は、高度急性期病院としての機能を果たしつつ、第二種感染症指定医療機関として、新型コロナウイルス感染症患者さんを積極的に受け入れてきました。

2019年12月に移転を果たした新病院には、患者さんを陰圧個室で治療する感染症病棟(このエリアは構造的に一般エリアから隔離されています。)を備えており、一般の患者さんの通行エリアから完全に分離して運営する構造となっています。一般外来及び、一般入院病棟で治療を行う患者さんも、感染症病棟へ入院する患者さんも、安心して受診していただける環境です。

このような環境の中、4月に、職員や一般病棟に入院する患者さんから新型コロナウイルス感染症の陽性者が発見されたことは重く受け止めております。この件に関しましては、関係者を隔離し、順次検査を行うこと、厳格な毎日の職員の健康観察、個人防護具の装着と手洗いや手指消毒、徹底した環境の清掃、患者さんのご家族には面会を控えていただくことで、院内クラスターを発生させることなく事態を終息することができました。この経験から、一般病棟での新型コロナウイルス感染症患者の発生を防ぐ方策を確立しました。今後、万が一、感染者が発見された場合も速やかに終息させることができるように体制も整えています。現在のところ、院内でのクラスターの発生は認めていません。市民の皆さんには安心して受診していただけます。

さて、当院は、さいたま市唯一の市立病院として、以下の項目を病院の基本方針としております。

1.患者さんの権利を尊重した医療を提供する
2.急性期医療を中心に高度な医療を提供する
3.救急、周産期母子、がん医療を積極的に推進する
4.地域の病診連携を積極的に推進する
5.高い技術と豊かな人間性をもつ医療人の育成に努める
6.自治体病院として経営の健全化に努める

さらに、これらに加えて感染症医療に積極的に取り組み、市民の皆さんの安心・安全を提供できる体制を整えてまいります。

なお、当院は医師、歯科医師、初期研修医、専攻医、看護師、コメディカルおよび事務といった多くの職種の力で、皆さんに良質な医療を提供しています。限られた人材と時間の中で、優れた医療を展開していきたいと考えております。今回の新型コロナウイルス感染症への対応で、リモートワークや、働き方改革の促進などの試みも、積極的に取り入れていきます。また、患者さんおよびご家族のご意見を取り入れて、皆さんに寄り添った、新しい診療のあり方も模索していきたいと考えています。

これからも、皆さまにとって利用しやすく、信頼のおける病院であり続けるよう努力してまいります。皆さまにどうかご理解いただけますと幸いに存じます。

令和2年6月8日
院長 堀之内 宏久

このページの先頭へ