ページの本文です。

研修医の声

研修医から学生の皆さんへのメッセージ

古屋 光平 Dr. (2020年慶應義塾大学卒業 現在研修医2年目)

img8

研修医になってあっという間にもうすぐ1年が経とうとしています。改めて思い返すと、さいたま市立病院の恵まれた環境で研修できているなと感じます。
この1年で何ができるようになったかと考え直すと、まだまだ2年目の先輩方の背中は大きく、上級医の先生方の鋭い考察や巧みな手技など、及ばない点は多々ありますが、それでもその刺激を受けながら日々小さな成長を積み重ねることができてきたと思います。

当院で研修をしていく中で感じるのは、上級医の先生方や周囲のメディカルスタッフみんなで研修医を育てていく風土が根付いているありがたさです。主体的に研修医が診療をしてそのfeedbackを頂いたり、ローテしていない診療科の先生にも相談すると親身に教えてくださることが多いです。
看護師さんからは色々なシーンで助けられることも多く、更には放射線技師さんにX線写真やCTの撮影方法に関して聞いたり、検査技師さんからエコーを教えて頂いたり、リハビリ科の方々と一緒に患者さんの生活について考えたり、糖尿病患者さんと共に栄養士さんのお話を聞いたりなどなど。 病院にはメディカルスタッフも含め、たくさんのスペシャリストが集まっています。色々な人から学ぶことが多く、土地柄もあるのか皆さんが優しく温かくサポートしてくださる環境は、研修をしていく中で魅力的だと感じます。
また、研修医の同期は皆モチベーションが高く日々刺激を受けています。研修医室に戻ると勉強になった症例の共有をしたり、薬の使い方に関してdiscussionをしたり。自分一人が成長するのではなく、皆で成長していこうという空気があります。

新病院になり設備が整い、綺麗な環境で快適に働くことが出来ています。初期研修で学ぶことは多々あり、どのような事を大切にしたいかという思いも個人様々な価値観があるかと思いますが、私は当院の研修環境には大変満足しています。
興味を持っていただいている学生の皆さんにはぜひ一度見学に来て頂きたいと思います。 お待ちしています!



清水 春香 Dr. (2020年群馬大学卒業 現在研修医2年目)

img8

社会人になり研修医として働きはじめてようやく1年間を終えることできました。まず初めに未熟で至らない点ばかりの私を、熱心にそして大切に育ててくれた病院スタッフ全ての方々に深く御礼申し上げます。

この文章を読んでくださっている学生の方々に伝えたい事は「さいたま市立病院を選んでよかった」の一言に尽きます。一番の理由は病院スタッフの人柄の良さです。指導医の先生方をはじめ専攻医の先生方、1学年上の先輩や同期、看護師・准看護師や技師・薬剤師の方々の雰囲気がとてもあたたかいです。更に医療スタッフにとどまらず、事務や情報管理、お掃除の方々に至るまでいつも丁寧に接していただき感謝の念に堪えません。医師1年目として医療を学ぶのに大変恵まれた環境に身を置くことができたと感じております。

日々の臨床は大学の講義や国家試験とのギャップに翻弄されてばかりです。生きた医療は矛盾や困難が多く、キレイに物事が進まないことはしばしばです。その中で研修医として自ら考え、行動した事に対して指導医の先生方からしっかりとフィードバックをいただける機会が多いと感じております。そして1つ上の先輩方は小さな疑問や日常の困ったに対しても常に丁寧に対応してくださいました。同期の研修医とは経験した事を共有したり疑問点を相談し合ったりと、切磋琢磨の毎日です(そして同じ研修医室で楽しく笑える仲でもあります)。この1年間沢山の方々に支えられ、背中を押していただきました。そんな当院の良さを見学だけでも感じていただけると思います。是非、私たちと一緒に研修期間を過ごしてみませんか。心よりお待ちしております。

現役研修医からのメッセージ

Q. 当院の研修に興味をもってくれている学生のみなさんにむかってメッセージをお願いします

  • 良い病院です。頑張って!!
  • 非常に働きやすい病院です。自分で勉強する時間もありつつ、common diseaseを一通り経験することのできる機会を十二分に与えられる環境なので合っているなと感じる方は、ぜひ当院で研修することをおすすめします。
  • さいたま市立病院で、たくさん楽しく一緒に勉強しましょう!
  • 良い研修ができると思います。
  • いい病院なので、是非来て下さい。
  • 内容も充実していて雰囲気もとても良い病院です!ぜひさいたま市立病院へ!
  • 産婦人科に進みますが、内科をきちんと学べたのは良かったです。          
  • 産婦、小児志望の方にももちろんおすすめです。
  • NICUがこんなにキャパが広い市中病院は本当にめずらしいです。
  • 当院を選んで後悔はしないです。全ての人にオススメできる病院です。
  • 絶対に後悔しないので選んでね!
  • 素晴らしい上級医の先生方、コメディカルの方々と働ける。日々勉強になる病院です。是非来てください。
      img9                          
    (2021年2月 研修医アンケートより)

地域医療研修 in 能登

石川県奥能登での地域医療研修レポートです。
詳しくはこちら

初期研修医 座談会

ざっくばらんな意見を出してもらいました。 
詳しくはこちら

研修医あんなこと・こんなこと

当院の当直について 〜令和3年6月掲載〜

さいたま市立病院での当直は、4月の2週目、まだ病院の地図すら頭に入っていないような状態で始まります。2年目の先輩や上級医に見守られながら患者さんの話を聞き、カルテを書いて、検査をオーダーして。しかし、初めての当直では何が必要な検査なのかもわからず、採血やルートさえまともにできず。自信を持ってできることといえば、患者さんをCT室に案内することくらい、、。2年目の研修医の先輩がスムーズに診察し、それぞれに必要な検査を考え、結果をもとに方針を決めていく姿を見て、私も1年後に本当にこうなれるのだろうかと、不安でいっぱいになったことをよく思い出します。
しかし当直中は、疑問があれば先輩方や上級医に相談し、フィードバックをもらえる環境であるため、毎回の当直で常に学びがあります。まだまだ先輩方のようには行きませんが、当直を積み重ねることで、自分なりに成長していると日々実感しています。
当直は、初期研修の中でも特に勉強になるといっても過言ではありません。さいたま市立病院では、その環境が十分に整っています!是非一度、見学にいらして当院の雰囲気を味わってみてください! 

「2年目研修医アンケート」 〜令和3年5月掲載〜

●さいたま市立病院を選んだ理由は何でしたか?
・アットホームな雰囲気に魅力を感じたから。
・埼玉県内で内科がそろっている病院だった。
・科が揃っている。雰囲気。
・幅広い診療科があり、病院の雰囲気が良かったから。
・周産期医療も強く、内科をまんべんなく回れる。
・実習で来た際に、先生方がとても丁寧に色々教えて下さったため。
・雰囲気が良かったため。
・教育体制、雰囲気、プログラム。
・初期研修をやるに当たり、ベストな環境でできる。

●この病院を選んでよかったと思える点は何ですか?
・コメディカルが親切で優しい。
・診療科間の垣根が高くなく相談しやすい。
・症例が豊富。ローテーションが自由に選択でき、直前でも融通がきく。
・指導医の先生が優しく、質問しやすい人が多い。コメディカルも同様。
・雰囲気が良いこと。十分に経験できること。
・医者・看護師など職員がみな優しい。
・いろいろやらせてもらえる。皆やさしい人ばかり。
・症例が豊富で色々な経験が積め、フィードバックをもらえること。

 ●研修プログラムに関して改善を望む点はありますか?
・1年目にも選択期間があると嬉しい。(難しいかもしれませんが・・・)
・特になし。
・内科のそれぞれのローテーション期間が短い。

 ●いろいろな手技は学べましたか?
・たくさん機会をもらえました。
・3次救急になってAラインやCVなど増えた。
・学べましたが、もっとやりたかったです。

●良い研修をするには何が大切だと考えていますか?
・人間関係
・1つ1つの症例を大切にして、患者さんから学ぶこと。
・自分で勉強して考えたことのフィードバックを受けることができる環境があること。
・上下関係なく意見を言える関係。
・自分の考えをフィードバックしてもらう。ある程度数をこなす。
・同期、指導医、コメディカルの雰囲気、診療の多さ。
・自分のやる気、意欲。
・すばらしい同期。環境。
・指導の受ける機会。

「現役研修医に答えてもらいました、よくある質問Q&A」〜令和2年10月掲載〜

研修体制や指導体制はどうなっていますか?
・指導熱心で優しい先生が多く、治療の方針を一緒に話し合ったり、考え方や手技等を丁寧に指導してくれます。
・1人の先生につく場合や、いろいろな先生と患者さんを持つ場合など、科によって様々なパターンがあります。
・週に1回研修医セミナーがあり、必要な知識をその都度得ることができます。指導医とのディスカッションは非常に勉強になります。

研修医は主治医になりますか?
・なりません。上級医と一緒に受け持ちます。
・なりませんが、上級医の先生とディスカッションしながら自身で治療を進めていきます。

さいたま市立病院以外で研修をする機会はありますか?
・精神科では埼玉県立精神医療センター、地域医療では石川県の奥能登へ研修に行きます。

選択期間は、どんな科を回れますか?
・メジャー科、マイナー科、ほぼ全ての科を回れます。

当直は月に何回くらいですか?
・当直4回+日直1回くらいです。

手技はできますか?
・かなりやらせてもらえる方だと思います。
・基本的な手技の機会は十分にあります。

研修医のための部屋や机はありますか?
・広くてきれいな部屋があります!机も広い!
・1、2年目一緒の部屋です。きれいです。

医学書などの購入方法は?
・電子書籍がオススメ!
・通販で買うことが多いです。

お昼ごはんはどうしていますか?
・お弁当を注文したり、院内のコンビニで買って研修医室で食べたり、9Fのレストランを利用したりしています。診療科によっては指導医や専攻医と一緒にお昼を食べることもあります。

病院からどのくらいの距離に住んでいて、通勤手段はなんですか?
・北浦和駅近辺に住む人が多いです。バス通勤しています。
・病院の近くに住んでいます。晴れの日は自転車、雨の日は徒歩です。

とある研修医の休日 (2019)

朝は早起きして朝活…と思いきやいつもの癖で一度起床した後に二度寝してしまうこともしばしば…。ゆっくり休憩をとってから近くのスーパーに行って買い物をして食事やお菓子を作ったり、平日にたまった洗濯をしたり、テレビや映画を見たり、ゆったりとした家庭的な(!?)1日を過ごすことも多いです。
他には浦和・大宮や東京まで行って買い物や食事、友達と飲み会をしたりすることもよくあります。病院周辺には飲食店は少ないですが、住んでいる人が多い北浦和駅周辺にはおいしい飲食店もあり、浦和・大宮まで出ておしゃれなレストランに行くことも…。研修医同士はもちろん、上級医の先生や業務で仲良くなった看護師さんと飲み会をすることもあります。また、実家に帰って家族と話すことも息抜きになっています。
時間がとれるときには、1泊から2泊の国内旅行に行ったり、ドライブで遠くに行ったりとアクティブ?に過ごしたりもします。当直明けとかぶせれば、2泊3日の旅行も頑張れば夢じゃありません。他には、同期の有志でゴルフラウンドに行ったり、同期複数人で旅行に行ったりと、みんな思い思いに過ごしていると思います。
とここまで書きましたが、これを読んで参考にする人は…いませんね笑。休日以外の平日の研修医の過ごし方などはぜひ見学にいらしてください!

忘れられない1日 〜令和2年7月掲載〜

僕が忘れられない1日は、1年目の循環器内科ローテの最後の日です。
自分は循環器内科が初期研修の初めてのローテーションでした。循環器内科は急変が多く、夜間の緊急カテーテル手術では研修医も呼ばれ、器具・器械出しを手伝います。緊張が抜けない日々が続き、情けないながらも最終日にはヘトヘトになっていました。
最終日、いつも通り朝回診をし、指導医の先生と今日の方針を決めます。入院患者さんの検査・薬のオーダーを入れ終わり、「やっと明日から解放だ!最終日は平和に終わって欲しい。」そう願い、休憩しようと研修医室に戻ろうとしている最中、ピッチが鳴り響きます。ピッチの画面を見ると、指導医の先生からです。「心不全の患者さんが来るから、初期対応お願いね」
平和だと願っていた1日が儚くも消えていきます。
救急外来に降りて行き、救急車で運ばれてきた患者さんに会います。まずモニターを付けて、血液検査をして、酸素の量は少し増やそうかな。呼吸状態が悪化したらNPPVだな。この病態なら、まず降圧して。利尿剤は急がなくても大丈夫かな。と急ぎながらも正確に、看護師さんと一緒に治療を進めていきます。
初期対応をしている内に指導医の先生が来て下さります。指導医の先生に患者さんのプレゼンをしていると、バシーン!と思いっきり背中を叩かれました。何かと思って見ると、「1ヶ月前は見ているだけだったのに、できるようになったじゃん!」と言って下さりました。叩かれたのに、とても嬉しかったことを覚えています。(決して、痛いのが好きな訳ではありません。)
研修を経て、自然と体が動くようになっており、成長を実感した瞬間でした。
その後も急患は続き、気づけば夜の21時でした。「最後にうなぎでも食べようか」と言って、指導医の先生と出前を取り、医局のソファーで食べました。そのうなぎ丼は、ただただ浦和のうなぎは美味しいなぁと感嘆する気持ちと、右も左も分からなかった自分に指導して下さった感謝の気持ち、最後のご飯で寂しいという気持ちが混ざり合った不思議な味でした。「1ヶ月半、よく頑張ったな」と言って頂けた時は、一生この先生とお仕事をしたい!と思いました。〔翌日には、疲れから暫く循環器内科からは離れていよう…と思っていましたが(笑)〕
僕は将来的に内科を専攻しませんが、そのような充実した日々を過ごせたことから、2年目でも循環器を選択することにしました。
もちろん、初期研修は学べる楽しさだけでなく、体力・精神的に厳しい時があります。それでも当院は素敵な指導医の先生がいらっしゃいます。大変な時も一緒に乗り越えて下さります。その様な雰囲気の良さと言うものは、当院の見学に来て貰えれば必ず感じて貰えると思います!
騙されたと思って、是非一度来てみて下さい!お待ちしています!!

研修リポート、カンファレンス編 〜令和2年2月掲載〜

カンファレンスというと退屈な印象を持っている方が多いのではないでしょうか?当院のカンファレンスは各科の先生方の情報交換だけでなく研修医の教育としての役割があり、確実に臨床医としての力が付きます!
毎週木曜日の夕方には研修医セミナーがあります。各科の先生方が研修医のために実用的な講義をして下さいます。病棟や救急外来の仕事があっても必ず出席出来るように調整されています。内容はよくある主訴への対応の仕方の講義から、実践的なエコーの当て方、画像所見の読影の方法、さらには中心静脈カテーテルの方法までどれも明日からの研修に役に立つものばかりです。外部の先生を招聘することもあり、どれも双方向的・参加型の講義になるように工夫されています。
また、各内科ローテーション中には必ず週1回以上のカンファレンスがあり、担当患者のプレゼンの機会があります。研修医はそのカンファレンスに向けてしっかりと準備をし、発表内容については指導医の先生からフィードバックを受けることができます。意欲のある人は指導医の先生方より地方会での発表の機会を頂けることもありその予演会をカンファレンスで行うこともありました。
さらに、多くの科では定期的に抄読会や勉強会を行っており、研修医はスタッフの先生とペアになって英語論文を読みこなし、様々な形式でプレゼンをします。発表時間の割に準備はとても大変で日常の業務の間にこなすのは骨が折れますが、その分達成感があります。他の研修医の発表を聞くのもとても勉強になり、特に呼吸器内科ではモーニングレクチャーという勉強会が定期的に開かれており、どの科にいるときでも気軽に参加できます。
カンファレンスやセミナーの充実したさいたま市立病院に是非見学に来てみてください!

「初めての学会発表」 〜令和2年2月掲載〜

「先生、興味深い症例があるんだけど発表してみる?」
ついに私にも学会デビューがやってきました。症例は、非小細胞肺癌に対する癌免疫療法で、比較的珍しい副作用が出現したというもの。
「喜んで!」と居酒屋の店員ばりに張り切って返事をしたものの、普段の業務をこなしながら病歴をまとめたり、膨大な文献を読んだりするのは想像していたより大変でした。
指導医の先生に会うたびに「パワーポイントできた?」と声を掛けられ、しまいには先生の姿が視界に入るやいなや、こっそり隠れたことも・・・先生には黙っておこうと思います。
パワーポイントを作成して、修正してを繰り返し、カンファレンスで予演会を行い、いざ本番!当日はやや緊張しながら、何とか発表を終えました。フロアから質問を頂いた難しい質問には冷や汗をかきましたが、より考察を深めるヒントになりました。発表後に、指導医の先生と食べたハンバーグの美味しさは忘れません。
当院の研修医は、様々な学会で発表のチャンスがあります。お互いにスライドを見せ合って、自分が知らなかったことを教わったり、良い質問をもらって新しい視点に気が付けたり、切磋琢磨できる恵まれた環境です。そして何より、先生方の温かいご指導が当院の自慢です。貴重な機会を頂けたことに感謝して、これから頑張ります!

「当院の小児科およびその関連科研修について」 〜令和元年5月掲載〜

小児科医になって1か月が過ぎようとしています。今回は小児科医目線から、当院の小児科およびその関連科研修について紹介させてもらいます。
まず、当院には小児科と小児外科、新生児内科があります。市中病院でありながら、この3つが独立して存在していることは珍しいのではないかと思います。
小児科は1年目で1か月間必修として組まれているほか、2年目でも選択で回ることができます。指導医とともに患者を受け持ち、毎朝自分で診察し、検査・治療プランを指導医と相談しながら組み立てます。加えて、午前中は病棟処置の時間。採血や点滴を(悪戦苦闘しながら)こなしていきます。午後は上級医の先生と一緒に小児の救外対応を行います。当院の救急外来では喘息発作、川崎病といった小児のcommon diseaseはもちろん、けいれん重積発作のような緊急性が高い症例まで幅広く経験することができます。また、小児外科があるため、虫垂炎や腸重積など、小児外科疾患が来ても当院で対応できることも大きな特徴です。もちろん、小児外科を選択で回ることもでき、私は1か月研修しました。
新生児内科では新生児の蘇生、採血・点滴などの処置、時には気管挿管まで、上級医の指導のもと研修医にやらせてもらえます。教育熱心な先生方が多く、1か月健診や新生児エコーなど、専門性の高い分野でありながらも、一つずつ丁寧に指導してくださいます。時間がある日は、蘇生の練習やミニレクチャーをしてくださることも多々あります。新生児蘇生をはじめ、体液管理や先天性心疾患などを学べる機会でもあるため、小児科志望に限らず、産婦人科、麻酔科など他科志望の人にもおすすめです。

img4

最後に、小児科志望にとって、成人疾患を学べるのは初期研修が最初で最後のチャンスです。当院は小児科に限らずほぼ全ての科がそろっており、多彩な症例を経験できます。
「小児科はある程度回りたい。だけど、初期研修のうちは他の科もバランスよく学びたい。」
そんな欲張りな学生さん、是非一度見学に来てみてください。

「研修病院を決めるまで」 〜平成31年1月掲載〜

研修病院を決める際の基準は人それぞれだと思いますが、私は幅広い疾患に出会える場所で、じっくり研修に取り組みたいと思っていたので、病院を選ぶ際もそうした視点を大切にしてきました。
医学部での学びのフィールドは主に参考書になりますが、国家試験を通過して研修医になると、突然実臨床の世界に放り込まれ、不安と緊張の中、患者さんと向き合っていく日々が始まります。そうした中で着実に知識と経験を積み重ねていくためには、積極的に学べる環境はもちろんのこと、それをサポートして下さる方々の存在も不可欠となってきます。
その点、さいたま市立病院はこまめにフィードバックが得られる体制や、コメディカル含めスタッフの方々と気軽に相談し合える環境が整っています。そのため、研修医がfirst touchを行い、検査や処置のプランニングをし、積極的に治療に携わっていくことができるようになっています。
また、地域の基幹病院として様々な疾患を受け入れているので、大学病院では出会うことのできないcommon diseaseから、緊急性の高い疾患まであらゆる症例を経験することができます。実際に研修してみても、日々様々な疾患病態に出会い、その都度学ぶことがあるように感じています。
その他にも、私が病院を選ぶ際には病床数や病院の立地、研修医の人数や待遇なども考慮しました。中にはホームページで得られる情報もあれば、実際に見学に行かなければ得られない情報もありました。しかし、一番重要なのは肌で感じた空気感であり、そこで働きたいと思えるかどうかであると思います。ですので、気になる病院があれば是非見学に行ってみてほしいと思います。
さいたま市立病院の研修医一同も、みなさんの見学をお待ちしております。

「病院見学を考えている学生さんへ」 〜平成30年11月掲載〜

研修医Aさん
日中の救急外来には、救急科、循環器内科、消化器内科など各科ローテート中の研修医が入れ代わり立ち替わり集まってきます。というのも、当院では紹介状を持った患者さんの初期診療を各科の救急当番医が行っており、救急科ローテート中や当直中に限らず各科ローテート中の研修医がfirst touchで救急対応を行う機会が多々あるからです。当院の研修では1年目で当院にある内科を全てローテートする仕組みになっているため、1年目が終わる頃にはバランスよく様々な疾患を経験し、初期対応ができるようになっています。
もちろん、研修医の活躍する場は救急外来だけではありません。病棟では入院患者さんの検査オーダーや輸液管理などを任されたり、手技を行ったりしています。どの場面でも共通して言えるのは上級医の先生方がとても教育熱心なこと。私たちがやったことに対しては常にフィードバックを下さり、時にはその場でクルズスが始まることもあります。
まだまだお伝えしたいことはありますが、百聞は一見に如かず。是非見学へいらしてください!
研修医Bさん
1年半ほど研修を送ってきたうえで市立病院に強い魅力を感じる要素の一つが、コメディカルの方々の優しさです。
研修病院を選ぶにあたって、ひとそれぞれ様々な基準、考えかたはあると思います。
自分自身、学生の時に目が行きがちだったのは、病床数、立地、診療科、症例数、研修医の仕事内容や待遇など、一言でいえば“わかりやすい”ものばかりでした。ただ、実際に研修を送るようになると少し考えがかわりました。
あくまで研修といってもその主体は病院での勤務であり、当然ひとりで頑張ればなんとかなるものではありません。実際には、先生方とはもちろんですが、ほかに多くのコメディカルの方々との関わりながら仕事をしてくことになります。いくら優れた施設、多くの症例に恵まれても、日々の人間関係などでストレスが多ければせっかくの機会も最大限活かすことは難しいのではないでしょうか。
市立病院では、一緒に働くみなさんはとても優しく、医者になりたてでまだ未熟な部分しかない研修医を支えようとしてくださる雰囲気があります。たくさんの方々のおかげで、今の充実した研修生活が成り立っていることを日々実感しています。
これはなかなか文章では伝えるのがむずかしい部分なので、実際に見学などで是非見にきていただければと思います。 

img6

卒業生からのメッセージ

当院で初期研修を終えた先生からのメッセージです。

淺野 友理 Dr. 〜令和3年4月掲載〜

私はさいたま市立病院で初期研修を修了した後、慶應義塾大学形成外科学教室へ入局しました。大学病院や関連病院で後期研修をし、再びさいたま市立病院で勤務しています。
形成外科は比較的健常な患者さんの手術や処置をすることが多いです。しかし、ときに多くの基礎疾患をもち全身状態が悪い患者さんの対応や管理をすることもあります。もちろん必要に応じて適宜各科へ依頼もしますが、初期対応や疾患の鑑別が十分にできなければ救命やどの科へ依頼をすれば良いかの判断はできません。これらの判断はどの専門科に進んでも必要なことであり、より的確にするためには2年間の初期研修医生活がとても大事だと思います。
さいたま市立病院は全ての科が揃っており、内科全科を研修するだけでなく選択期間も長いプログラムとなっています。私はほぼ全ての科を研修しましたが、上級医の先生方はとても優しくて質問や相談もしやすい環境です。また各科も互いに協力的で、病院全体が皆で支え合う雰囲気は戻った現在もそのままです。後期研修医が各科で在籍し上級医も多く、中には私と同じように初期研修医をして再びさいたま市立病院へ勤務している方々もいます。ロールモデルとなる先生方が多くいらっしゃることもさいたま市立病院で研修する魅力の1つだと思います。このような先生方を見ながら学び、研修医同士でも助け合う中で、上級医もまた研修医個人に合わせて教えることに努めています。そのため、次に同じようなことをするときには、上級医に見守られながらも多くのことができるようになっています。そうなると自身の勉強も捗り、さらに興味もわいて調べるため、知識も増えていきます。
新型コロナウイルス感染症のため以前より見学期間や内容が限られていますが、その分興味をもっていただけるようにホームページの内容を充実させ、リモートで初期研修医との懇談会を適宜行っております。是非、見学や懇談会へ参加していただければと思います。

児玉 さゆり Dr. 〜令和2年4月掲載〜

私は初期臨床研修1年目で出産、育休を取得し、夫の転勤に伴い、母校での研修に引き続き2年目の研修をさいたま市立病院で行いました。
生まれてから大学卒業まで九州を出たこともなく、子供を連れての埼玉県への引越しと研修2年目からの入職であったため、初めはうまく馴染めるか不安でしたが同期が温かく受け入れてくれ研修期間を楽しく過ごすことができました。大変なことももちろんありましたが、医師のみでなくコメディカルの方も研修医の教育には協力的かつ温かく接してくださいますので、大変良い研修環境と思います。
さいたま市立病院で初期研修を行った中で特に勉強になったことは当直です。初めて当直を経験した時は右も左も分からずでしたが、上級医の見守りのもと患者さんを診て病態を考え、必要な検査を組み治療を行うことを自分で考えることができたのは非常に貴重な経験だったと思います。2年間の研修期間で基本的な手技や処置に関しては充分習得することができると思います。
また、初期臨床研修はその後に進む診療科を決めるにあたり重要な期間でもあり、多くの診療科、指導医が揃っていることも魅力の一つです。科によっては初期研修後も専攻医として引き続き修練することも可能です。私はさいたま市立病院で自分の進みたい科を見つけることができ、ここで研修できたことに感謝しています。現在もさいたま市立病院で放射線科医として勤務していますが、毎日興味深い症例が多数あり、優秀な先生に囲まれ、充実した日々を送っています。
研修医にも指導する立場となりましたが、とても勉強熱心な方が多く、そうした仲間と切磋琢磨しながら有意義な研修期間を過ごすことができると思います。
是非一度見学にいらしてください。お待ちしています。

2012年3月 宮崎大学医学部卒業
2012年-2013年度 宮崎大学医学部付属病院で初期研修、産休・育休で1年間中断
2014年度 さいたま市立病院で初期研修
2015年度 慶應義塾大学病院放射線科後期研修医
2016年度- さいたま市立病院放射線科

三谷 麻里絵 Dr. 〜平成30年4月掲載〜

私はさいたま市立病院での初期研修を修了した後、大学の小児科医局に在籍して各地の関連病院で勤務してきました。そして医師7年目(2018年2月現在)として予てより希望していたさいたま市立病院へ戻ってくることが出来ました。
医師7年目になって思うことは、初期研修の2年間がいかに大事かということです。医師は生涯勉強です。何年やっても常に勉強すべきことが絶えません。しかし、医師としての成長速度は年々衰えていきます。勉強した結果がすぐに成長につながる、もっとも成長率の高い時期が初期研修の2年間だと思います。全く何もできない状態から1人前の医師へ。その2年間を当院で過ごせたことは私にとってとても大きかったと思います。 私が当院で初期研修を行ってよかったと思うのは、医療の土台となる知識を固められた点です。輸液や抗菌薬の使い方、救急疾患のプライマリケアなど、一生使っていく知識をこの時期に学びました。医師3年目でそれぞれの科をスタートした時、基本知識があるかどうかでだいぶ仕事の出来具合に差が出ると思いますし、3年目以降は各科の知識をどんどん勉強しなければいけないので、輸液や抗菌薬の勉強なんてしている暇はありません。そうすると、最初の2年間で勉強しなかった人はずっと“なんとなく”の知識でやっていくことになる訳です。当院の上級医の先生方は「教え好き」な先生がとても多いと思います。さいたま市立病院で沢山のことを教わり、今でもその時に教わった抗菌薬の使い方のメモを引っ張り出して読むことがあります。また、モチベーションの高い同期がいたことで自分も負けじと勉強できましたし、同期で勉強会を行ったりしたのも良かったです。
また、研修医が病院の歯車として機能している、温かい病院の雰囲気も点も良いと思います。当院では研修医が自分で考えて能動的に働いています。病院によっては、研修医はお客様扱いで、学生の延長のような立場でしか仕事をできない所もあるかと思います。もちろん研修医が判断して診療することに対する制限は昔よりもどんどん厳しくなっています。研修医が受け身にならずに自分で考える癖が付くかどうか、それは個人のモチベーションもそうですが、環境も大きく影響するのだと思います。能力の高い同期がいたり、先輩研修医が1人前に仕事をこなしていたり、当直中にSpO2が下がっていると呼ばれて対応したり、そんな状況で必死に勉強していたらいつの間にか他の病院で研修している人よりもワンステップ先に進んでいる自分がいたように思います。
最後におまけですが、当院には小児外科、新生児内科があることによって小児科として診れる疾患の幅がとても広いです。小児科の中でも内分泌、アレルギー、循環器、神経、血液などいろいろな分野を専門にしている医師が在籍しているので、小児科を考えている方には特におすすめです!
ぜひ見学にいらしてください。

2011年3月 慶應義塾大学医学部卒業
2011年4月-2013年3月 さいたま市立病院初期研修医
2013年4-9月 さいたま市立病院小児科後期研修医
2013年10月-2014年3月 慶應義塾大学病院小児科
2014年4月-2015年5月 川崎市立川崎病院小児科
2015年6月-2017年9月 静岡市立清水病院小児科
2017年10月- さいたま市立病院小児科

梶尾 暢彦 Dr. 〜平成30年4月掲載〜

さいたま市立病院で2年間の初期研修をしてから、母校に戻り内科ローテートを経て、現在4年目でリウマチ・膠原病内科医として勤務しています。初期研修を振り返ると、同期・先輩・後輩に恵まれ、ハイレベルで教育的な指導医の先生方、程良い仕事量と、見沼田んぼのそばの穏やかな空気の中でとても充実した時間を過ごすことができたなと思っています。
さいたま市立病院の研修では1年目の間に内科の全領域、救急科、外科、小児科など基本領域をまんべんなく学ぶことができ、かつ2年間週1回程度の当直で幅広い領域の初期対応を身につけることができました。2年目でも非常に柔軟にローテートができ、私も泌尿器科や整形外科、放射線科、NICUなど幅広い領域で研修をさせて頂きました。どこの科も研修医を大事にしてくださり、「業務」というより「研修」として学べる機会に恵まれました。もちろん1〜2ヶ月程度の研修でマスターできる事柄はたかがしれているといえばそれまでですが、各診療科での医師としての基本的な物の見方や、中心静脈カテーテルや腰椎穿刺など基本的な手技は2年間揉まれていく中で自然に身について来るので、どこの科にも進んでいける可能性を作ってくれる病院だと思います。手技に関しては多い病院ではないと思いますが、1例1例上の先生から指導・フィードバックをもらいながらやっていくことで患者さんにも研修医にも優しい教育環境がありました。
他の病院で初期研修をされた先生たちの話を聞くと、さいたま市立病院はいわゆる雑用が非常に少ないようで、本当に当直明けに帰れる病院も意外と少ないようです。初期研修時代は今の生活と比べて時間的なゆとりもあり(当時は学生時代とくらべてとても忙しいと思っていましたが)、ワーク・ライフ・バランスも非常に良かったと思います。


2014年3月 慶應義塾大学医学部卒業
2014-2015年度 さいたま市立病院で初期研修
2016年度 慶應義塾大学病院内科専修医(全科ローテート)
2017年度 慶應義塾大学病院リウマチ・膠原病内科 大学院生

このページの先頭へ