ページの本文です。

当院職員の新型コロナウイルス感染について(1月14日判明分)

 当院の事務職員1名が、新型コロナウイルスに感染したことが1月14日(木)に判明いたしました。 症状はありませんでしたが、1月12日(火)に同一執務室内で勤務していた職員が陽性であったとの連絡を受けたため、1月13日(水)にPCR検査を実施しました。

 当該職員は常時マスク着用にて勤務しており、濃厚接触が疑われる市民・医療従事者・職員はおりません。

  感染拡大防止を徹底するため、同じ所属の職員はテレワーク等により業務に支障がないよう継続して対応します。なお、業務については、内部管理事務であり、診療への影響はありません。

 患者さんや患者さんのご家族、市民の皆さん及び関係機関の皆さんにはご心配をおかけしていることを深くお詫び申し上げますとともに、ご理解ご協力をお願いいたします。

令和3年1月14日
院長 堀之内 宏久

このページの先頭へ