ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年12月2日 / ページ番号:C093078

菜の花の育成記録2022~2023

このページを印刷する

 北区役所にご来庁の皆さんを区の花「菜の花」でお迎えできるよう、例年11月頃から種をまいて育てています。3月下旬から4月上旬に、満開の菜の花をプラザノース正面入口に飾ることを目指します。この育成記録は、種まきから、茎が伸び、葉が茂り、花が満開を迎えて咲き終えるまでの様子を随時更新していきます。

種まき(先発)

 11月9日(水曜日)、区長、副区長を始め、各課から名乗りを上げた北区職員14人で種をまきました。
 今年度は、開花時期をずらすことで、菜の花をより長く楽しんでいただけるよう、60個ずつ2回に分けて種をまき、合計120個のプランターに菜の花を咲かせます。
 プランターに沿って1~2センチメートルくらいの横溝を3本作り、その溝に種をまいていきます。

種まき1  種まき3  

 3年前、育てた菜の花の葉を野鳥に全て食べ尽くされてしまった経験から、今年も種まきをしたプランターにあらかじめ園芸用のネットを被せて、食害から葉を守ります。

ネット1 ネット2 ネット3

 北区役所の南側で育成していますので、優しく見守ってください。

発芽(先発)    

 11月15日(火曜日)、水やりをしていると、何やらプランターに小さな緑色のものがポツンと見えました。近づいてみると、菜の花が発芽しているのを確認しました。昨年同様、種まきから約1週間での発芽です。そして、発芽から1日経ち、2日経ち、小さな緑の芽がぽつぽつと増えてきました。まだまだまばらで小さい芽ですが、これからの成長が楽しみです。

               発芽       発芽2 

成長1

 11月24日(木曜日)、発芽から約一週間が経ち、プランターを遠目から見ても緑の葉がはっきりと見えるようになりました。丸が2つくっついたような形の「葉っぱ」がとても可愛らしいです。

               成長1       成長1-2

種まき(後発)

 12月1日(木曜日)、あいにくの雨模様でしたが、北区長と有志の北区職員15人で、後発のプランター60個に菜の花の種をまきました。
 さらに今回は、宮原・日進の両支所に持っていく分の小さめのプランターにも種をまきました。開花する時期に両支所に飾るので、そちらも楽しみにしていてくださいね。
 今回も前回と同様に、種まきをしたプランターにあらかじめ園芸用のネットを被せます。
 先発でまいた分と合わせて、北区役所南側に合計120個のプランターの長い列できました。これはもう壮観です。

 種まき2-1 種まき2-2 種まき2-3

 また、先発でまいた菜の花の芽は、早くも背丈が3センチメートルくらいにまで成長しています。よく見ると、1週間前とは葉の形も変わってきました。種をまいてから真冬を迎えるまでは、みるみる成長するので、目が離せません。

         成長2-1       成長2-2

この記事についてのお問い合わせ

北区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-669-6020 ファックス:048-669-6161

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る