ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年12月20日 / ページ番号:C068983

「緑区不法投棄防止対策協議会」でキャンペーンを行いました

このページを印刷する

東浦和駅前で不法投棄防止キャンペーンを行いました

「緑区不法投棄防止対策協議会」の活動として、協議会会員(区内各地区自治会連合会、関係団体、浦和東警察署、
さいたま市)が、12月4日(水曜日)東浦和駅前にて行いました。当日は天気にも恵まれ、駅を利用される皆さんに
緑区内での不法投棄の現状を知っていただくことができました。

活動の様子1 活動の様子2

活動の様子3 集合写真

また、10月19日(土曜日)には、緑区区民まつりにて不法投棄防止の啓発活動を行いました。

不法投棄とは

不法投棄とは、決められた場所以外に廃棄物を捨てることを言います。
例えば、個人が空き缶やたばこの吸い殻、生ごみなどを捨てた場合も、法律的には不法投棄の範疇に入ります。
不法投棄が行われると、川や原野などの自然環境が汚染され、さらには私たちの健康や生活環境に悪影響を
及ぼすことにつながることもあります。

不法投棄を発見したときは

さいたま市不法投棄110番

専用電話およびファックス 0120-5374-31
(フリーダイヤル ゴミナシ サイちゃん)

詳しくはさいたま市不法投棄110番

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

緑区役所/くらし応援室 
電話番号:048-712-1137 ファックス:048-712-1272

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る