ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年5月27日 / ページ番号:C056249

南区役所へ連絡があった不審電話等について

このページを印刷する

市民から所管課へ連絡のあった不審電話等について、南区内で発生した事案に関する内容を掲載します。

市役所職員をかたる不審電話(4月19日付け)

発生日時

平成31年4月19日(金曜日)11時25分ごろ

内容

平成31年4月19日(金)11時25分頃、南区在住の女性から南区役所収納課に入電。南区職員を名乗る者より電話(表示は公衆電話)があり「市県民税の督促状を送付してしまった。郵便局で差し止めているので届かないと思うが、届いたら破棄するように」と言われ、その後、夫の勤務先の名前や家族構成を聞かれ答えてしまった。

所管課の対応

  郵便局で督促状を差し止めしているという内容の電話をすることはないこと。南区から督促状を発送した履歴がないことを説明し、けいさつ総合センターに相談するよう案内した。

市民の皆さんへ

 さいたま市職員などを名乗る不審電話の情報が依然として寄せられており、被害に遭われた方もいらっしゃいます。
 具体的には、さいたま市の組織や区役所を名乗り、「税金の還付がある」「医療費の還付がある」など電話があり、「銀行、郵便局などの現金自動預け払い機(ATM)へ行って電話をしてください」というような手口です。
 さいたま市では、市税や医療費の還付にあたり、ATMでの操作を求めることは絶対にありません。
このような内容の電話を受けた場合は、十分にご注意いただきますとともに、さいたま市役所までお問い合わせください

市役所職員をかたる不審電話(4月10日付け)

発生日時

平成31年4月10日(水曜日)12時55分ごろ

内容

  南区在住の女性が高齢介護課に来庁。本日9時頃南区役所のホケン課職員より「医療費の還付金がある。3月末までが期限だったが、サポートセンター(03-6914-0795)に連絡すれば手続きができる」と電話があったとのこと。サポートセンターに連絡したところ、近所の総合量販店に設置しているATMに行くよう指示されたとのこと。ATM到着後サポートセンターに連絡したが電話の音声が聞き取りづらかったため、銀行設置の窓口に行ったとのこと。銀行で手続きをしようとしたところ、不審に思った銀行員に声をかけられ警察に届け出たとのこと(被害なし)。

所管課の対応

  区役所にホケン課という部署がないこと、還付金等の手続きを電話で指示することはないことを説明。最近同様の不審電話が非常に多いので注意するように伝える。

市民の皆さんへ

 さいたま市職員などを名乗る不審電話の情報が依然として寄せられており、被害に遭われた方もいらっしゃいます。
 具体的には、さいたま市の組織や区役所を名乗り、「税金の還付がある」「医療費の還付がある」など電話があり、「銀行、郵便局などの現金自動預け払い機(ATM)へ行って電話をしてください」というような手口です。
 さいたま市では、市税や医療費の還付にあたり、ATMでの操作を求めることは絶対にありません。
このような内容の電話を受けた場合は、十分にご注意いただきますとともに、さいたま市役所までお問い合わせください

この記事についてのお問い合わせ

南区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-844-7123 ファックス:048-844-7270

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る