ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年2月8日 / ページ番号:C056670

南区役所へ連絡があった不審電話等について(平成29年度)

このページを印刷する

市民から所管課へ連絡のあった不審電話等について、南区内で発生した事案に関する内容を掲載します。

市役所職員をかたる還付金電話(12月15日付け)

発生日時

平成29年12月15日(金曜日)午前9時30分ごろ

内容

男性の方が南浦和駅市民の窓口へ来庁。
本日(12月15日)午前9時30分頃、市役所を名乗る保険料の還付の連絡があった。電話対応の際、相手より「区役所の窓口での対応はできない」「ゆうちょ銀行の取り扱いはできない」等言われ不審に思ったため念のため交番へ届けた上で市民の窓口に来たとのこと。

市民の皆さんへ

市内ではこのほかにも、親族や警察官・百貨店店員等を装い、お金やキャッシュカード等を騙し取ろうとする詐欺電話が、毎日かかってきています。
被害に遭わないために、≪在宅時でも留守番電話の設定をする・防犯機能付き電話機を使用する≫など犯人と話さないための対策をとり、このような不審電話がかかってきたら警察へ連絡してください。

「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」をかたる不審ハガキ (11月2日付け)

発生日時

平成29年11月2日(木曜日) 午後4時00分ごろ

内容

市民の女性が南浦和駅市民の窓口へ来庁。
「法務省管轄支局 国民訴訟通達センター」より「総合消費料金に関する訴訟最終告知のお知らせ」というハガキが届いた。
ハガキの内容に関して見覚えがないものであり、また、連絡が無い場合には原告側の主張が全面的に受理され、執行官立会いの元、給与の差し押さえ及び、動産、不動産の差し押さえの強制的に履行等の記載があったため相談しに来庁したとのこと。

市民の皆さんへ

記載された連絡先に電話をかけてしまうと、犯人は「訴訟を回避するため、お金を振り込んで下さい」などと、言葉巧みにお金をだまし取ろうとします。(架空請求の手口です。)
被害に遭わないために、このようなハガキが届いたら詐欺を疑い、決して記載された電話番号に連絡しないで下さい。

区役所の業務委託をかたる不審訪問 (10月17日付け)

発生日時

平成29年10月16日(月曜日) 20時00分ごろ

内容

南区在住の男性より電話あり。男性の自宅に、10月16日(月曜日)20時ごろ、南区役所からの委託業務を行っていると名乗る不審人物から訪問があった。「借地借家法の関係で、この辺りを一軒ずつ訪問している」「この話を聞かないとこの家に住むことができなくなると」と1時間ほど話されたとのこと。
不審に思い、そのような委託業務を行っているかを確認したく、区に連絡を入れたとのこと。

市民の皆さんへ

区役所では、このような業務委託を行っておりません。
不審な訪問を受けた際には、最寄りの警察署、または「けいさつ総合相談センター」へ連絡をしてください。

この記事についてのお問い合わせ

南区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-844-7123 ファックス:048-844-7270

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る