ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年6月10日 / ページ番号:C073525

区長メッセージ(令和2年6月)

このページを印刷する

「COPD(シーオーピーディー)」をご存知ですか

市では、国民健康保険に加入されている40歳から74歳までの方を対象に「特定健康診査」を、後期高齢者医療制度に加入されている方を対象に「後期高齢者健康診査」を、無料で行っています。
定期的な受診で、自分自身の健康状態をチェックすることができ、生活習慣の改善にもつながります。年1回の健診です。ぜひ健康診査実施医療機関へご予約の上、早めに受診しましょう。
「COPD」とは、慢性閉塞性肺疾患の略称で、発症すると肺の機能低下とともに、動いたときの息切れ、咳や痰の症状が続きます。
発症原因の約90%がたばこの煙によるもので、喫煙者の20%程度が発症し、受動喫煙でも発症するとされています。
「COPD」の発症予防や進行抑制には禁煙が最も重要で、早期に禁煙するほど効果的です。ご自身や周囲の方の健康のために、禁煙に取り組んでみてはいかがですか。

新型コロナウイルスに関して

今年の1月に新型コロナウイルスの感染者が我が国で初めて確認されて以来、4か月以上が過ぎましたが、今もって、確実な感染収束の見通しは立っていません。
このため、日々の暮らしに不安を感じ、ストレスを抱えている方がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような状況の中で、懸命に私たちの社会を支え、地域を守り、日々の暮らしを継続していけるよう力を尽くしていただいている方がいらっしゃいます。
自ら感染の危険がある医療現場の最前線で働いている医療関係者を始め、電気やガス、水道、交通、通信や生活必需物資、食料・飲料などの供給・流通や廃棄物処理の業務に就いている方、高齢・障害のため特に支援を必要とする人たちのための施設で働く方、さらには、地域と結びついた献身的な取組みをいただいている自治会、防犯・防災や交通安全関係団体の方、民生委員・児童委員さんなど、多くの方々です。
そして、外出や休業の自粛要請を受け入れた上で、多くの制限・制約の中での暮らしについて、ご理解とご協力をいただいている区民の皆様がいらっしゃいます。
これらのすべての皆様の気持ちと行動に対し、心から敬意を表し、感謝申し上げます。
この数か月、私たち区役所の職員も、日々、これまで経験したことのない状況と向き合いながら業務を進めておりますが、何かとご迷惑をおかけしていることも多く、おわびを申し上げます。
今はまだ気を緩めることはできません。これまで積み重ねられた多くの努力と、それを支えてきた強い思いにこたえながら、一日も早く安心できる日常を取り戻すことができるよう、私たち区役所職員も全力で取り組んでまいります。
区民の皆様におかれましても、引き続き、新型コロナウイルス感染症の収束に向けてのご協力をお願いいたします。

南区長 宮野 良章
宮野区長

この記事についてのお問い合わせ

南区役所/区民生活部/総務課 総務係
電話番号:048-844-7123 ファックス:048-844-7270

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る