ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年4月28日 / ページ番号:C071195

南区で十文字学園女子大学石野研究室との共同調査に取り組み、投票率向上のための報告書としてまとめました

このページを印刷する

南区における投票率の低さは、埼玉県やさいたま市と同様の状況であり、投票率の向上に向けた「投票環境の整備」等が課題となっています。
今般、南区にお住まいで選挙関係の研究実績が豊富な、十文字学園女子大学石野教授(下記プロフィール参照)の研究室にご協力をいただき、南区内で高い投票率を示す投票所、逆に低い投票率を示す投票所の物理的な環境条件を調査分析していただきました。
その結果、交通の利便性が高く、都内などへの通勤・通学者が多い南区ならではの特性が、各投票所の投票率の高低に大きく影響を与えていることが判明しました。
本報告書は、調査分析結果から、投票環境の整備や啓発活動など、投票率の向上に向けた石野教授からの複数の提言までをまとめたものです。
今後は、この報告書を指針として、さいたま市選挙管理委員会とも連携して、取り組んでまいります。
なお、この報告書については、関連ダウンロードファイルでご覧になれます。

<プロフィール>
十文字学園女子大学 メディアコミュニケーション学科
石野 榮一教授
1958年 新潟市上越市生まれ
千葉大学人文学部卒業
埼玉新聞社に入社し、約25年間編集局にて勤務。埼玉県、さいたま市などを担当し、主に行政、政治、選挙報道に携わる。
編集局報道部長、編集局長を歴任。
2013年6月から十文字学園女子大学特任教授、15年4月より教授。
主な研究分野は、地域メディア論、情報倫理、新聞ジャーナリズム論、NIE等。
さいたま市南区文蔵在住

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

南区役所/区民生活部/総務課 選挙・統計係
電話番号:048-844-7124 ファックス:048-844-7270

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る