ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年4月1日 / ページ番号:C041076

クマガイソウの観察日記2015

このページを印刷する

 平成27年も「クマガイソウの観察日記」を始めました。
 見沼区では、平成20年にクマガイソウを「区の花」と制定しました。見沼区御蔵の民家の竹林に自生しており、さいたま市の天然記念物にも指定されています。
 見沼区のシンボルであるクマガイソウを、ぜひご覧ください。

平成27年3月25日(水曜日)

 春らしい季節になりました。早くもクマガイソウが枯葉の間から芽を出しています。7~8センチほどの高さです。今年もたくさんの花が見られるといいですね。
 例年4月下旬から5月初旬頃に開花しますが、今年は少し早まりそうです。

270325(1) 270325(2)

平成27年4月2日(木曜日)

 昨日は雨が降ったものの、暖かい日が続いていますね。一週間でクマガイソウはみるみる成長しています。二枚の葉を開き、葉の間から花茎を伸ばした先端に、3センチほどのつぼみをつけています。 茎の高さは15センチほどでした。
 観察している場所は、日当たりがよく、成長が早いところです。場所によっては、まだ葉の開いていないものもありましたが、やはり例年より早い開花となりそうです。

270402(1) 270402(2)

平成27年4月8日(水曜日)

 今日は雪が降りました!冬のような寒さが戻っていますが、クマガイソウが花を咲かせていました!(左の写真)
 5センチメートルほどの大きさで、紅紫色の袋状の花弁です。クマガイソウの名は、花の袋状のところが武将熊谷直実(くまがいなおざね)が背負った「母衣(ほろ)」に似ていることから名づけられました。
 場所にもよりますが、6割ほどが開花しています。来週には見頃を迎えそうです。

270408(1) 270408(2)

平成27年4月15日(水曜日)

 雨の日が続いていましたが、今日は久々に晴れました。クマガイソウが見頃を迎えています!
 クマガイソウの花は、咲き始めは白っぽい色で、終期には濃い紅紫色に変わります。場所ごとに群生するので、花の色の違いが見られるかもしれませんね。

270415(1) 270415(2)
270415(3) 270415(4)

平成27年4月20日(月曜日)

 クマガイソウが見頃です。
 観察しているクマガイソウは、花弁の色が濃くなり、しぼみ始めました(上段の写真)。
 先週後半に晴天が続き、一気に開花が進んだようです。

270420(1) 270420(2)
270420(3) 270420(4)

平成27年4月25日(土曜日)

 クマガイソウの花弁が枯れ始めました。
 場所によってはまだ咲いているものもありますが、今年は例年よりも開花が早かったため、ほとんどのクマガイソウが茶色くしおれています。

270425(1) 270425(2)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-681-6020 ファックス:048-681-6161

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る