ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年8月26日 / ページ番号:C047451

クマガイソウの観察日記2016

このページを印刷する

見沼区では、平成20年にクマガイソウを「区の花」と制定しました。
見沼区御蔵の民家の竹林に自生しており、さいたま市の天然記念物にも指定されています。
平成28年も「クマガイソウの観察日記」を更新していきますので、成長の様子をご覧ください。

【クマガイソウについて】
クマガイソウは、『環境省レッドデータブック2015』や『埼玉県レッドデータブック2011』などに掲載されている絶滅危惧植物で、見沼区御蔵の自生地でも、20年前と比べてかなり数が減っているそうです。
みなさん、クマガイソウを大切に見守ってくださいね。

クマガイソウの観察日記2016

平成28年3月23日(水曜日) 晴れ

春らしい季節になってきましたね。今年もクマガイソウが枯葉の間から芽を出しました!
日陰のものはまだ小指の先ほどの大きさですが、日当たりの良い場所では5~6センチメートルほどの高さになっています。
今年もきれいな花がたくさん見られるといいですね。

28年3月23日撮影(1) 28年3月23日撮影(2)

平成27年3月31日(木曜日) 晴れ

暖かい日が続いています。この一週間で、日陰のクマガイソウは5センチメートルほどの高さになりました。
そして日当たりのよい場所では、17~18センチメートル ほどに成長し、つぼみが顔を出しています!
例年4月下旬から5月初旬頃に開花しますが 今年は少し早まりそうです。

28年3月31日撮影(1) 28年3月31日撮影(2)

平成28年4月8日(金曜日)曇り

昨日の雨も止み、太陽は出ていないものの、暖かな日となりました。
日蔭のクマガイソウも、つぼみが顔を出しました。
日当たりのよい場所では、二枚の葉の間から花茎を伸ばし、先端に3センチメートルほどのつぼみをつけています。
高さは25センチメートルほどに成長していました。
開花が楽しみですね。

28年4月8日撮影(2) 28年4月8日撮影(1)

平成28年4月15日(金曜日)晴れ

今週はやや気温の低い日や雨の日もありましたが、今日は晴天となりました。
クマガイソウが開花しました!場所によっては見頃を迎えています!
竹林に群生している様子が、下の写真からわかるでしょうか?
平成28年4月15日撮影(7) 平成28年4月15日撮影(8)

日蔭で咲いているのはまだ一輪ですが、日当たりのよい場所ではきれいに咲き揃っていました。
花弁は紅紫色の袋状で、5センチメートルほどの大きさです。
平成28年4月15日撮影(1) 平成28年4月15日撮影(2)
平成28年4月15日撮影(3) 平成28年4月15日撮影(4)

クマガイソウの名前は、花の袋状のところが武将「熊谷直実(くまがいなおざね)」が背負った「母衣(ほろ)」に似ていることから名づけられました。
平成28年4月15日撮影(5) 平成28年4月15日撮影(6)

平成28年4月21日(木曜日)曇り

先週末の晴天で、クマガイソウの開花は一気に進んだようです。
日蔭のクマガイソウもすべて開花していました。
日当たりの良い場所では、花弁が少ししぼみ始めたものもありました。
平成28年4月21日撮影(1) 平成28年4月21日撮影(2)

左の写真から、花弁の下の方が少ししぼんでいるのがわかるでしょうか?
竹林のクマガイソウも、写真ではわかりにくいですが、 花弁の色が濃くなっているように見えました。
間もなく見頃も終わりでしょうか。
平成28年4月21日撮影(3) 平成28年4月21日撮影(4)

平成28年4月27日(水曜日)曇り

ここのところ気温の高い日が続いていましたが、今日は曇り空でやや涼しく感じますね。
日蔭のクマガイソウはまだ咲いていましたが、日当たりの良い場所ではすっかり枯れていました。
平成28年4月27日撮影(1) 平成28年4月27日撮影(2)

受粉に成功していれば、種を作る可能性があります。
クマガイソウは受粉に成功する確率も低く、種を作っても発芽する可能性が極めて低い植物です。
種ができると、花の枯れた部分の茎が、緑色のまま太くなります。
花の部分の茎が枯れているものは、種ができていません。
平成28年4月27日撮影(3) 平成28年4月27日撮影(4)

竹林でも、いくつか咲いているものもありましたが、ほとんどのクマガイソウが枯れていました。
平成28年4月27日撮影(5) 平成28年4月27日撮影(6)

地上からは分かりませんが、多年草のクマガイソウは、地面の中では、来年に向けて栄養を蓄えに入ります。
開花終了後にたくさんの水と栄養を取り入れることができるかで、次年度の開花が決まるようです。

見沼区コミュニティ課のカウンターには、クマガイソウの造花が展示されています。
区役所にお越しの際には、ぜひご覧ください。
クマガイソウ(造花)

番外編 春の花々

このコーナーでは、職員がクマガイソウを観察しているときに目にした花の写真を掲載しています。

ニラバナ
ニラバナ(平成28年3月31日撮影)
ハナダイコン
ハナダイコン(平成28年3月31日撮影)
 
ヒマラヤユキノシタ
ヒマラヤユキノシタ(平成28年3月31日撮影)
シバザクラ
シバザクラ(平成28年3月31日撮影)
イカリソウ
イカリソウ(平成28年4月8日撮影)
ムサシアブミ
ムサシアブミ(平成28年4月8日撮影)
ツツジ
ツツジ(平成28年4月15日撮影)
マルバスミレ
マルバスミレ(平成28年4月15日撮影)
ボタン
ボタン(平成28年4月21日撮影)
スズラン
スズラン(平成28年4月21日撮影)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-681-6020 ファックス:048-681-6161

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る