ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年3月27日 / ページ番号:C034663

見沼区不法投棄防止対策協議会で「クリーン活動」を実施しました

このページを印刷する

「見沼区不法投棄防止対策協議会」による協働の一環として、協議会会員(区内各地区自治会連合会、ボランティア団体、業界(環境・建設)団体、埼玉県、さいたま市)が、見沼区内の不法投棄が多い地域や、不法投棄の危険性のある地域の清掃活動を実施することで、今後の不法投棄防止することを目的としています。

協議会によるクリーン活動 平成31年3月2日 土曜日

各構成団体等から約60名の参加があり、約1.8kmのコースを2コース(計3.6km)のクリーン活動を行いました。
不法投棄を「しない」「させない」「許さない」を合言葉に、「させない」環境づくりを推進します。

挨拶2 回収3

不法投棄防止啓発看板の設置

クリーン活動と合わせて、加田屋川沿いに設置されているフェンスに啓発看板を取り付けました。
警察との連携を図りながら、監視・取締を強化しています。

看板設置風景 新看板

活動結果

今回の活動は、見沼区の大宮聖苑(染谷2丁目)に集合し、加田屋川沿いとその周辺の水路、道路を中心にごみ拾いを行いました。

回収4回収2

遠目に見るとそれほどゴミは無いのですが・・・
いざ歩いて拾っていただいた結果、軽トラックの荷台に山盛り、約100キロものゴミを回収することができました。

回収したごみの種類は、紙くず、ビニール類、吸い殻、空き缶、ペットボトルなど様々。
ポイ捨てが中心かと思われますが、小さなごみが大きなゴミを呼び寄せる原因となる可能性があります。
その原因を減らし、不法投棄の防止につなげたいという想いで活動をしています。

今回のクリーン活動にご協力いただいたのは、
・各自治会連合会(大砂土東・片柳・七里・春岡)から、各地域自治会 の皆様
・さいたま市建設業協会 の皆様
・さいたま市土地区画整理協会 の皆様
・埼玉県警察 大宮東警察署 の皆様
御協力、ありがとうございました。

不法投棄とは

不法投棄とは、決められた場所以外に廃棄物を捨てることをいいます。

例えば、個人が空き缶やたばこの吸殻、生ごみなどを捨てた場合も、法律的には不法投棄の範ちゅうに入ります。
不法投棄が行われると、川や原野などの自然環境が汚染され、さらには私たちの健康や生活環境に悪影響を及ぼすことにつながることもあります。

不法投棄を発見した時は・・・

110番


専用電話及びファックス
0120-5374-31
(フリーダイヤル-ゴミナシ-サイちゃん)

詳しくは
http://www.city.saitama.jp/001/006/009/p034660.html

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/くらし応援室 
電話番号:048-681-6026 ファックス:048-681-6162

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る