ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年3月12日 / ページ番号:C078721

新しいウォーキングコースを作成しました

このページを印刷する

令和2年度見沼区みんなの広場の参加者の皆さんと考えた、ウォーキングコースをご紹介します。

大砂土 ~水と鳥コース~

柴川バス停からスタートし、芝川沿いを北上して東大宮駅をゴールとする約6.5kmのコースです。

大宮体育館周辺は春には桜並木、秋にはイチョウの黄葉が見事です。他にもヒマワリ、コスモスなど四季折々の花を眺めながら歩くことができます。芝川沿いは野鳥の観察ポイントとしてもおすすめで、区の鳥カワセミに出会えることも。また、ゴールデンウイーク頃には鯉が産卵する様子を見ることもできます。

芝川から離れて、宇都宮線の踏切を渡り市街地を歩くと見えてくるのは整備された遊歩道。見沼分水環境整備の看板があり、里のゾーンと山のゾーンに分かれています。大雨の時など、地下に雨水を貯留できるように整備された歩道ですが、植栽も施され、散歩する人も多くみられます。

東大宮親水公園で休憩したら、ゴールまではあと少し。余裕のある方は少し寄り道して、公園から西側の陸橋へ。JR東日本大宮総合車両センターに並ぶ電車を眺めることができ、きれいな夕日がみられるポイントとしてもおすすめです。

第二産業道路を渡り、東大宮駅西口に到着です。

春岡・アーバン ~水の暮らしと神社・仏閣めぐり~

七里駅をスタート・ゴールとする、約8.8Km~12.7kmのコースです。
七里駅から春おか広場を過ぎ、東大宮バイパスに出ると道の駅、食肉卸売市場の予定地の前を通過します。今はまだ何もありませんがどんな施設ができるのか、想像しながら歩いてみるのも良いですね。
深作(南)の信号を右折して深作氷川神社へ立ち寄った後は、遊水地周辺でバードウォッチングが楽しめます。深作川、綾瀬川沿いは、春には見事な桜並木が楽しめます。宝積寺から多聞院へと向かう途中の春野緑道は、地域の方が手入れする四季の花が咲いています。
綾瀬川、深作川、見沼代用水と水に恵まれた、深作、丸ケ崎の周辺には田んぼが広がっているため、田園風景を楽しむのもおすすめです。

少し疲れたな、という方は多聞院からバスで東大宮駅に帰ることもできます。元気な方はゴールまであと約4キロメートル、緑のヘルシーロード沿いを歩いて七里駅を目指します。静かにウォーキングを楽しみたい方にはおすすめのコースです。
途中、覚蔵院、神明神社などに立ち寄りながら、七里駅に到着です。七里駅は橋上化が予定されていますので、新駅舎完成が待ち遠しいですね。

以上、見沼区みんなの広場に参加された皆様と一緒に考えたウォーキングコースをご紹介しました。マップには皆様から教えていただいた、おすすめの飲食店なども掲載しています。また、こちらのコースを含めた見沼区ウォーキングマップを令和3年度に作成する予定です。完成後にはホームページなどでお知らせします。

見沼区ではほかにも8つのウォーキングコースをご紹介しています。興味のある方は見沼区ウォーキングマップをご覧になってみてください。また、毎年ウォーキング事業も開催しています。(前回の様子はこちらから)市報見沼区版や、ホームページで募集をしますので、こちらもぜひご参加をお待ちしています。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-681-6020 ファックス:048-681-6161

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る