ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年7月31日 / ページ番号:C065995

令和元年度見沼区避難所運営訓練及び区災害対策本部設置訓練を実施しました

このページを印刷する

 令和元年6月29日(土曜日)に「令和元年度見沼区避難所運営訓練及び区災害対策本部設置訓練」を実施し、多くの地域住民の方々にご参加いただきました。

 今年度は、災害発生時における避難所の初動体制の早期確立や災害対策本部各班の連携及び執行体制の確認また、夕刻以降の災害発生を踏まえた安全確認を行うことを目的に17時から訓練を開始しました。
 各避難所では、自治会、施設管理者及び避難所を担当する市職員で構成されている「避難所運営委員会」において事前に訓練内容を検討し、消防や警察など関係各機関の協力も得て各種訓練を行いました。
 また、見沼区役所では、区災害対策本部設置訓練を同時間帯で開催し、発災時の初期対応や各避難所との連携等の訓練を実施しました。

 今後は、訓練の振り返り等を踏まえ、来年度以降の更なる訓練の充実を目指していくとともに、実際の発災時における対応力を高めていきます。

訓練概要

1 目的
 災害発生想定に基づき、見沼区内20箇所の避難所を一斉開設し、各避難所と区災害対策本部の初動訓練を行うことで、来るべき災害に備えます。

2 日時・場所
(1) 日時 6月29日(土曜日) 17時から20時まで(避難所 ※各避難所で多少異なります)
              16時30分から20時30分まで(区災害対策本部)
(2) 場所 区内20避難所及び見沼区役所で実施

3 訓練想定
(1) 地震 首都圏で震度6強を記録するさいたま市直下型地震が発生
(2) 発生時刻 16時
(3) 状況
・ライフラインの途絶及び家屋が倒壊し、市全域において甚大な被害が発生
・市災害対策本部では、土砂災害による二次災害の危険性が高いことから土砂災害警戒区域住民への避難勧告を発令
・区災害対策本部を設置
・見沼区内全ての避難所が開設

4 訓練基本方針
 夕刻以降の災害発生を踏まえた安全確認を行うとともに、訓練メニューの反復実施による精度の向上により、自助及び共助の定着を図り、地域防災力の更なる向上を目指します。

5 避難所
大砂土東小学校,見沼小学校,片柳小学校,七里小学校,春岡小学校,蓮沼小学校,大谷小学校,島小学校,東宮下小学校,海老沼小学校,春野小学校,大砂土中学校,片柳中学校,春里中学校,七里中学校,大谷中学校,大宮八幡中学校,春野中学校,県立大宮商業高校,県立大宮東高校
【参考】避難所一覧(新しいウィンドウで開きます)

訓練実施内容等

1 訓練内容向上事前研修
 避難所運営訓練実施に際し、 訓練の質の向上を目的に見沼区防災アドバイザー会を講師として、要配慮者振り分け訓練及びHUG訓練の実施方法の事前研修を行いました。

研修項目 日時 内 容
要配慮者振り分け訓練 6月15日(土曜日)14時~14時30分 要配慮者振り分け訓練実施のための研修
(概要や手順、判断目安、事前準備事項等の説明)
HUG(避難所運営ゲーム)訓練 6月15日(土曜日)14時45分~17時00分 HUG訓練実施のための指導者研修
(概要や手順、指導ポイント等の確認、体験)

要配慮 
▲要配慮者振り分け訓練実施のための研修を実施
※要配慮者振り分けとは、災害関連死をなくすために、高齢の方、介護が必要な方、障がいをもった方、病弱な方、乳幼児、妊娠している方やその他の特に配慮を必要とする方を客観的な判断基準により、医療や看護・介助等の必要度や優先度を明確にした上で、適切な避難スペースや施設に誘導することをいいます。

HUG
▲HUG(避難所運営ゲーム)訓練実施のための指導者研修を実施
※このHUGとは、避難所運営を皆で考えるためのひとつのアプローチとして、避難者の年齢や性別、国籍やそれぞれが抱える事情が書かれたカードを、避難所の体育館や教室に見立てた平面図にどれだけ適切に配置できるか、また避難所で起こる様々な出来事にどう対応していくかを模擬体験するゲームです。

2 避難所運営訓練
 区内20箇所の避難所を一斉開設し、情報共有や連携等の訓練を実施しました。
 実施にあたり、避難所ごとに設置されている「避難所運営委員会」において、訓練メニューの検討や研修などを事前に行うことで、避難所の実情に即した訓練となりました。

■訓練状況
受付
▲避難者カードを記入し避難者を把握する受付訓練を実施

防災倉庫
▲防災倉庫の備蓄品を確認

車椅子 
▲車椅子の方など、支援を要する方の避難誘導

消火
▲消防分団の協力を受け、水消火器による消火訓練を実施

トイレ 
▲仮設トイレの組立

米 汁
▲アルファ米やけんちん汁の炊き出し訓練を実施

割振
▲居住スぺ―スの割振り

投光器
▲投光器を用いた夜間訓練における明かりの確保

エコノミー
▲職員によるエコノミークラス症候群予防講話

防災課講話
▲職員による防災出前講座


3 区災害対策本部設置訓練
 区災害対策本部設置訓練として、本部員会議開催訓練、区役所職員で構成する9つの活動班の初期対応訓練、避難所との連携訓練
を実施しました。また、大宮東警察署との連携により、避難所における巡回や防災教養講話、情報伝達等の訓練を併せて実施しました。

■訓練状況
本部3
▲本部員会議を開催し被害状況や対応事項等を共有

本部2 本部1
▲各避難所と無線機及び災害用PHSによる情報授受

警察
▲大宮東警察署による防災教養講話

この記事についてのお問い合わせ

見沼区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-681-6013 ファックス:048-681-6160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る