ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年6月15日 / ページ番号:C086276

荒川堤防決壊の恐れがあるときの指定緊急避難場所兼指定避難所(推奨)の見直しを行いました

このページを印刷する

荒川堤防決壊の恐れがあるときの指定緊急避難場所兼指定避難所(推奨)について

 荒川堤防決壊の恐れがあるときは、浸水想定区域外への避難が基本ですが、西区には浸水想定区域外の避難所(指定緊急避難場所兼指定避難所)が2か所(指扇中学校、大宮西中学校)しかないため、浸水想定区域外の他区や他市町村へも避難する必要があります。
 その際、特定の避難所に避難者が集中することが懸念されることから、西区では、避難者数の平準化と地理的条件等を考慮し、自治会ごとに推奨の避難先を決めさせていただいております。
 なお、必ずしも西区が推奨する避難先へ避難しなければいけないわけではありません


 
 今回、新型コロナウイルス感染症等の感染拡大を防止するため避難者の更なる分散化を図る必要があること、また、「(荒川・入間川版)洪水ハザードマップ」が改訂されたことから、推奨する避難先の見直しを行いました。見直し後の避難先は、以下の「荒川堤防決壊の恐れがあるときの指定緊急避難場所兼指定避難所」に掲載しておりますので、御確認下さい(参考として、地震時に各自治会が避難を予定している避難所についても掲載しております)。

 また、避難所へ避難された場合においては、避難所運営委員会へのご協力をお願いいたします。

「(荒川・入間川版)洪水ハザードマップ」について

 「(荒川・入間川版)洪水ハザードマップ」は、想定される最大規模の降雨(荒川流域で72時間の総雨量が632ミリメートル、入間川流域で740ミリメートル)が降ったことにより、堤防が決壊した場合のシュミレーション結果に基づいて、浸水想定区域図・避難場所などを示したマップです。
 区役所情報公開コーナーで配布しておりますので、万が一に備え、お住まいの地域が浸水想定区域にあるのか、どこに避難するのか確認しましょう。
 詳細は、以下、関連リンク「さいたま市洪水ハザードマップについて」よりご確認ください。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

西区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-620-2613 ファックス:048-620-2760

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る