ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年7月26日 / ページ番号:C061866

西区妊娠・出産包括支援センターの紹介

このページを印刷する

母子健康手帳の交付や妊娠・出産・育児に関する相談

西区妊娠・出産包括支援センター(西区役所保健センター内)では、助産師の資格を持つ母子保健相談員が母子健康手帳(以下、母子手帳)の交付を行い、妊娠・出産・育児のさまざまな疑問、悩みなどのご相談もお受けしています。
「思いがけない妊娠をした」「妊婦さん仲間がほしい」「子育てのイメージがわかない」「一人っきりの育児が心配」など、何でも気軽にお話しください。

相談の様子

また、西区妊娠・出産包括支援センターで妊娠の届出・母子手帳の交付を受けた西区民の方には、記念品として母子手帳用の手作りのしおりを差し上げています。健診や予防接種のページなど、すぐに開きたい時に便利です。
記念写真を撮影できるスポットもご用意しています(いずれも西区のみ実施)。
ぜひ、西区妊娠・出産包括支援センターをご利用ください。

しおり母子手帳を受け取ったご夫婦

<ご注意>
妊娠届出・母子健康手帳の交付の際には、妊娠・子育て情報のご案内、妊産婦健康診査助成券の説明等に30~40分程度かかります。お時間に余裕をもって、なるべく16時30分までにご来所ください。
持ち物として、身分証明やマイナンバーが確認できるもの等が必要となります。原則、妊婦本人にご申請いただきますが、やむを得ず妊婦以外の方が妊娠届出をされる場合、委任状が必要になります。詳しくは「妊娠の届出」をご確認ください。

転入された方へ(妊産婦健康診査助成券について)

市外で交付を受けた妊産婦健康診査助成券は使用できませんので、さいたま市の助成券と差し替えが必要になります。転入手続きの後、西区妊娠・出産包括支援センター(もしくは支所)でお早めに差し替えをしてください。
<持ち物>
身分証明(さいたま市の住所と氏名、年齢がわかるもの)、母子健康手帳、他市町村の妊産婦健康診査助成券
※やむを得ず妊婦以外の代理人(同一世帯者を除く)が差し替えに来所する場合、委任状が必要になります。

開庁時間:月~金曜日8時30分~17時15分(土・日・祝日・年末年始12月29日~1月3日を除く)
電話:048-620-2705(直通)
ファックス:048-620-2769

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

西区役所/健康福祉部/保健センター 
電話番号:048-620-2700 ファックス:048-620-2769

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る