ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年12月27日 / ページ番号:C051291

(平成28年12月)「指扇郷土史同好会」がシラコバト賞を受賞しました

このページを印刷する

市民活動ネットワーク登録団体の指扇郷土史同好会が、シラコバト賞(彩の国コミュニティ協議会主催)を受賞しました。

シラコバト賞とは

シラコバト賞は、住みやすい地域社会の実現のために、積極的な実践活動を続けてきた個人や団体に授与されるものです。
受賞対象となる活動は、下記の通りです。
・心のふれあいを深める活動
・健やかな心身を育てる活動
・住みよいふるさとをつくる活動
・郷土を知り、郷土を想う活動

詳しくは彩の国コミュニティ協議会のホームページをご覧ください。

指扇郷土史同好会

指扇郷土史同好会
区長と指扇郷土史同好会会員の皆さん
指扇郷土史同好会は、昭和61年に設立。以来指扇の歴史を研究・調査してきました。
現在会員は10名。
毎月1回の定例会と調査活動を随時行うほか、公民館文化祭や区役所で調査の結果を写真展示し、研究の成果を地域に広めています。
また、日ごろの調査結果を小冊子にまとめ、次世代へと伝える活動を行うなど、地域の歴史文化の継承に多大な貢献をしてきました。
これらの継続的な活動が認められ、この度シラコバト賞の受賞となりました。
11月14日の県民の日記念式典において行われた表彰式に出席した会長の諸橋さんは、「名誉ある賞をわが会にいただき感激です。今後も西区の隠れた歴史を掘りおこし、伝統の共有に努めます。」と喜びの言葉を語りました。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

西区役所/区民生活部/コミュニティ課 企画係
電話番号:048-620-2620 ファックス:048-620-2671

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る