ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年3月31日 / ページ番号:C064364

大宮商業高等学校のインターンシップを受け入れました(平成30年度)

このページを印刷する

大宮商業高等学校のインターンシップ

大宮区役所では、平成31年1月28日から1月31日までの4日間、埼玉県立大宮商業高等学校のインターンシップで4名の生徒を受け入れました。このインターンシップは、大宮商業高等学校が「企業における就業体験を通して働くことの喜びと厳しさ、さらに職業人としての心構えを学習させる」ために計画した職業体験です。

インターンシップの感想

・生徒の感想を紹介します
私は今回のインターシップを通して働くことの大変さと、社会に出て働く責任について学ぶことができました。慣れない環境での4日間という短い期間でしたが私は一日一日がとても長く感じました。4日間の間で区役所内の各課の説明を聞き、また活動をさせていただきました。話を聞いていくうちに私が思っていた区役所の仕事や区役所のイメージが大きく変わりました。私はもともと公務員という仕事に興味があったのですが、皆さんがインターシップ中様々なお話をしてくださったのでより一層公務員という職業に興味を持つことができました。この4日間でいろいろな活動をして特に興味を持った課は、二つありました。まず一つ目は3日目に行かせていただいたコミュニティ課です。コミュニティ課では大宮区をPRするための課で、私たちはパンフレット用の写真撮影と大宮区で有名な「梅まつり」と「桜」についてのPR紙の作成をやらせていただきました。これら二つの事をやらせていただいて区役所の方々は区のためにこんなことまでやっていることに驚きました。またこの活動は区をよく知っている区役所の方だからこそできるものだと思いました。二つ目は4日目に行かせていただいたくらし応援室です。私たちがやらせていただいたのは、さいたま市にある動物愛護センターに行って動物たちと触れ合うという楽しい活動でした。私は初めて動物愛護センターに行くので初日からとても楽しみにしていました。実際センターについて働いている方のお話を聞いて、区役所の方はこんなに動物に触れる仕事をしていることがわかってとても勉強になりましたし、街の皆さんが安全に暮らせるのはこのような活動しているからこそなんだと思いました。この4日間での活動で区役所というか公務員の仕事をもっと知りたくなりましたし実際に公務員を目指そうという気持ちが以前よりとても強くなりました。この期間はとても充実していて楽しい期間になりました。大変お世話になりました。

私はインターンシップを終えて、とても充実した4日間を過ごせたと思いました。区役所という身近で人の出入りが激しい所でのインターンシップでしたが、大変な仕事だと思いました。いつもなにげなく利用している区役所ですが、こんなにも仕事の内容量の多い所だと思いませんでした。私自身、区役所を訪れることは将来増えていくと思いますが老若男女、幅広い層の人が利用している姿が見られました。1日目から色々な課の方からお話を聞けました。本当に同じ区役所?と思うくらい、1つ1つの課では全然内容が違い、驚きました。また、外に出て街に関することを調べたり、写真を撮って広報誌に載せたりと、街のためにしているのがとてもすごいと感じました。お金の事に関する課や街について活動する課、動物に関わる課、生活に関わる課など、本当にたくさんのお仕事が同じ屋根の下で行われているのがすごいと思いました。区長さんも親しみやすく、職員の方々との壁をまったく感じさせないくらい、話しやすかったです。最初は緊張しましたが、担当の方や、お仕事を教えて下さる職員の皆さんが暖かく迎えいれてくださったので、嬉しかったです。「区役所」という一言でまとめていますが、色々な事を色々な内容で働いていて、私も区役所の方々みたいに、要領よく、テキパキとした行動をできるようにがんばりたいと思いました。私は、社会に出ていく上で大事なことはあいさつだと改めて思いました。一日目のとき、一般の方へあいさつをしたら、笑顔で返して下さったのがとても印象に残っています。学校でも普段からあいさつをしていき、誰に対してもすんなり言えるようにしていきたいです。どんな仕事にも楽な仕事はないと思うし、楽しいと思えるようなやりがいのある仕事を見つけることが大切だと改めて感じた4日間でした。このインターンシップが無かったら、社会に出るために大切なことや、自分はどういう仕事が合うのか、少しでも想像することはできなかったと思います。この4日間でこのような体験や経験ができたことに感謝し、自分と向きあって、がんばります。

私は、今回のインターンシップを終えて多くのことを経験し学ぶことができました。4日間という短い期間の中で区役所内の職員の方々に大変お世話になりました。私がインターンシップを体験する前に思っていた区役所のイメージはひたすらパソコンでの作業をしていて、外に出たりはしないと思っていましたが実際は地域の方々との関わりがとても深く外に出ての活動も割りと多くあり印象が大きく変わりました。1日目には、庁舎見学をして様々な課や係の存在を知ることができました。総務課は区役所の全般的なことをしているとお話を聞きました。その他にも、秘書的な業務・文書や庁舎の管理・予算の管理などと多くの役割を果たしていて重要な課なのだと思いました。2日目には、高齢介護課と保健センターの方々にお世話になりました。ここでの実習は地域の人々との関わりが多いと感じました。老人の方と一緒にいきいき百歳体操を行い、保健センターでは体組成の測定のお手伝いをしました。どちらの実習でも地域の人々とコミュニケーションを取ることができて達成感がありました。3日目には、ほかの区役所には無いコミュニティ課の方々にお世話になりました。大宮区の魅力を伝えるためにガイドマップを作成するのに使用する写真を撮りに行きながらたくさんのお話を聞くことができました。その他にも、梅まつりと桜のポスターを作成する作業をさせていただいて、時間内に良いものが完成できて嬉しかったです。4日目には、消費生活センターとくらし応援室の方々にお世話になりました。くらし応援室の実習で、動物愛護センターに行ってお話を聞いた後に動物とふれあえてとても癒されました。命の重さにも改めて気づきました。私は元々公務員を目指していましたが自分では無理だと諦めてしまっていました。これを機に今からでもがんばってみようかなとポジティブに考えられるようになりました。慣れない環境で緊張しましたが職員の方々の丁寧な説明を受けて4日間を乗り越えることができました。この経験を生かせるようにしたいです。4日間、本当にありがとうございました。


・総務課担当者の感想
明るく元気なあいさつと笑顔で、区役所の雰囲気を明るくしてくれるので、毎年、大宮商業高等学校の生徒の皆さんが来るのを楽しみにしています。インターンシップを経験していただいた総務課の仕事は、地道な作業が多く、大変だったと思います。しかし、生徒の皆さんは与えられた指示に迅速・的確に対応するだけでなく、臨機応変に行動することができました。4日間という短い期間でしたが、何事にも一生懸命に取り組む様子が印象に残っています。今回来てくださった生徒の皆さんの中には、市役所で働きたいという方もいましたので、この経験を通して学んだことが将来について考える一助になれば幸いです。ひたむきで素直な生徒の皆さんを受け入れることができて、区役所職員一同、光栄に思っています。4日間、ありがとうございました。そして、本当にお疲れ様でした。今後一層ご活躍されますよう応援しております。

この記事についてのお問い合わせ

大宮区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-646-3012 ファックス:048-646-3160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る