ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年3月29日 / ページ番号:C038767

第四期桜区区民会議(平成21~22年度)

このページを印刷する

※情報は、掲載当時(平成22年度)のものです。

目次

区民会議とは

活動紹介

議事録・刊行物

まち探検

区民会議とは

区民と行政との協働をめざします

■区民会議の概要

桜区区民会議のイメージ図
桜区区民会議のイメージ図

さいたま市は平成15年4月に全国で13番目の政令指定都市に移行し、平成17年4月に岩槻区を加え、10の行政区となりました。現在、さいたま市の総人口は121万人(平成21年4月1日現在)で、全国9番目の大都市となっています。

市民に身近なまちづくりを実現するためには区の役割は重要です。区民との協働によって、区の特性を生かした魅力あるまちづくりを進めていくために、各区に「区民会議」が設けられました。

桜区区民会議は、「桜区の魅力あるまちづくりを推進し、市民共同参画型社会の実現を目指す」ことを目的として、平成15年7月に設置されました。

区内の各種団体やコミュニティ会議から推薦された方と、公募の方で構成されています。委員の任期は2年です。

桜区区民会議は、テーマ別に2つの部会を設置し、委員はどちらかの部会に属しています。また、「企画・広報運営委員会」は、区民会議の正副会長、各部会の正副会長、ホームページ担当委員などで構成され、事業の企画立案や広報活動、各部会間の調整などを行います。
 

■部会の紹介

それぞれの主な内容を紹介します。(以下の部会は、第四期の名称とテーマです)                       

さわやか部会 「健康」をテーマに、桜区の特色ある自然や施設を生かした“さわやか”なくらしを目指す部会です。
ふれあい部会 鴨川や大学といった地域資源の活用及び人々の交流の促進によって、区民同士をつなげあわせる“ふれあい”をテーマにした部会です。 

企画・広報運営委員会

上記の2部会を統率する形で活動方針・内容などを検討するほか、区民会議通信「桜っこだより」の発行、主催事業の企画立案などを行います。

■委員の紹介(50音順)

氏名 部会 所属等 備考
安藤 利美子 ふれあい 土合地区社会福祉協議会
石川 協子 ふれあい 公募委員
井山 享幸 さわやか 社団法人 埼玉中央青年会議所
大貫 充 さわやか NPO さいたま都市まちづくり協議会
尾上 幸枝 さわやか リサイクル女性会議・桜(環境団体)
片桐 正雄 ふれあい 公募委員 副部会長
加藤 路子 ふれあい 青少年育成さいたま市民会議 副会長
鹿野 裕彰 ふれあい 公募委員
河野 真澄 ふれあい 公募委員 副部会長
小池  晃 ふれあい 西浦和駅周辺の街を住みよくする会(コミュニティ会議) 部会長
島﨑 清一 さわやか 桜区自治会連合会 副会長
清水 いづみ さわやか 桜区PTA連合会 副部会長
白川 裕司 ふれあい さいたま商工会議所
髙柳 貞子 さわやか 郷土史研究クラブ(コミュニティ会議)
田中 健一 さわやか 大久保地区社会福祉協議会 副部会長
友光 三男 ふれあい アヤメの会(コミュニティ会議)
野原 和子 ふれあい さいたま市保健愛育会桜区支部
原口 久美子 さわやか 公募委員 部会長
宗澤 忠雄 ふれあい 埼玉大学
本木 健三 さわやか 田島ヶ原のサクラソウを守る会(コミュニティ会議)
山本 茂樹 さわやか 公募委員 会長
若海 公子 さわやか 桜区民生委員児童委員協議会

目次に戻る

活動紹介(全体活動)

■桜区元気づくり講演会「心身の健康とさわやかライフを求めて」を開催しました

区民一人ひとりの健康づくりと、さわやかな暮らしを送るための環境づくりを考えるため、健康をテーマにした講演会を開催しました。

日時 2月27日(土)13時30分~16時
会場 プラザウエスト 多目的ルーム
参加者 約60人
内容
・第1部 テーマ:「自己実現のための生活習慣-夢をかなえる子どもの育成をめざして-」
講師:戸部 秀之氏(埼玉大学教授・教育学博士)
<講演の要旨>
夢・目標・なりたい自分に向かって精一杯努力することで、子どもは心も体も成長し、生き生きとした日々を過ごすことができます。そうなるためには何が必要なのでしょうか。睡眠は様々な状況において重要であること、目標の立て方にはコツがあり、自分が頑張れそうな目標のレベルで立て、小さな成功体験の積み重ねがステップアップにつながること、意欲を高めるためには自分を褒めることが大切であること、また、それらを実行するには周りのサポートも大事であることなどをお話していただきました。
子どもが夢をもって健康に生活していくためには、私たち自身が子どもの目標とならなければいけません。私たち大人も成長することが、子どもの成長にもつながっていくのだということを教えていただきました。

元気づくり講演会1-1
元気づくり講演会1-2 

・第2部 健康ストレッチ体操の指導と実技
講師:池田 太氏(浦和レッズハートフルクラブコーチ)
<講演の要旨>
2グループに分かれ、ストレッチ体操と身体測定・体重測定などを行いました。ストレッチ体操では、まず体を温めるために簡単なゲームを行い、その後マットの上で体操をしました。ストレッチは、強すぎない、痛みを感じない程度、そして自分が気持ちよいと感じることが大事です。また、呼吸は止めずに自然な呼吸で行います。筋肉を動かすことで血流が良くなり、血の巡りがよくなることで体も温まり、健康になるということでした。
健康チェックコーナーでは、身長・体重測定、握力、垂直跳び、長座体前屈など器具を使って測定しました。普段、自分の体力を知る機会はなかなかないので、皆さん自身の体年齢に一喜一憂していました。健康に暮らすためには、まず自分の体を知ることが大事なのだということが実感できました。

元気づくり講演会2-1 
元気づくり講演会2-2
元気づくり講演会2-3 

■平成21年度視察研修を実施しました(平成22年2月8日)

「大学との連携」「健康」をテーマに取り組みを進めている千葉県柏市及び市川市を視察しました。

(1)柏市(東大柏2キャンパス内)

柏市は、周辺市町も入れると10近い大学があり、大学と地域が連携してさまざまな取り組みを行っています。

<内容>
・大学コンソーシアム柏
柏市では、主要施策の1つとして「大学との連携」を掲げ、平成18年に大学コンソーシアムを設立しました。具体的な取り組みとしては、4つの分科会「学びと実践分科会」「国際化分科会」「健康づくり分科会」「手賀沼分科会」を設け、事業を実施してます。
・十坪ジム
約10坪のトレーニングジムで、市内の住宅地など9か所に設置されています。東京大学小林寛道名誉教授が開発した「認知動作型トレーニングマシン」を用いているのが特徴です。NPO法人東大マネジメント研究会が事業運営を行い、4日間の講習を実施して、地域の指導者を養成しています。

平成21年度視察研修1-1
平成21年度視察研修1-2 

(2)市川市(市川市役所ほか)

市川市では、WHOの健康都市連合に加盟して、地域の健康づくりを積極的に進めています。

<内容>
・健康都市
健康都市プログラムでは、市民が日々健康であるためには心と体が中心となり、それを取り囲む社会、まち、文化を含め、トータルに向上させていくことを目指しています。健康都市推進講座により、地域で活躍する「健康都市推進員」を育成しています。

・地域ケアシステム
地区社会福祉協議会を活動単位とし、市内14の地区に分かれて活動をしています。各地区に拠点があり、地域住民により選出された相談員を配置し、地域情報の発信の場にもなっています。

・ISG(市川スポーツガーデン)国府台及び市川市スポーツセンター
総合型地域スポーツクラブとして、平成18年に設置され、いつでも・気軽に・多種目のスポーツを経験できる場所を提供しています。 市川市スポーツセンターや陸上競技場に隣接するクラブハウスを活動拠点に、周辺の学校との連携・協力により活動しています。

平成21年度視察研修2-1
平成21年度視察研修2-2

■第6回区民会議を開催しました(平成22年1月27日)

視察研修のスケジュールなどの確認、「桜区元気づくり講演会」の講演内容、運営、係分担などの確認のほか、桜っこだより第14号及び21年度活動報告書の内容について検討しました。

第6回議事録(PDF:26KB)

■第5回区民会議を開催しました(平成21年11月25日)
 

区民ふれあいまつりの結果報告のほか、区民会議主催事業「講演会」及び、視察研修について検討しました。また、この日をもちまして、堀口守雄委員が退任されました。
なお、このあと開催されたふれあい部会において、小池晃委員が部会長に、片桐正雄委員が副部会長に選任されました。

第5回議事録(PDF:28KB)

■桜区第7回区民ふれあいまつりに参加しました(平成21年11月14日)

模擬店では、災害時の非常食の試食体験(アルファ米と水の配布)を、展示コーナーでは、区民会議の紹介とアンケートを行いました。雨模様の天気にもかかわらず、多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

桜区第7回区民ふれあいまつり1
 
桜区第7回区民ふれあいまつり2
 

■第4回区民会議を開催しました(平成21年9月12日)

区民ふれあいまつりの模擬店及び展示コーナーへの参加内容と担当者を決めました。また、区民会議主催事業「講演会」の開催を決定し、「桜っこだより第13号」の内容を検討しました。

第4回議事録(PDF:24KB)

■第3回区民会議を開催しました(平成21年7月22日)

11月14日に開催される区民ふれあいまつりへの参加を決定したほか、前回の部会分け討議の結果を踏まえ、部会活動がこの日よりスタートしました。

第3回議事録(PDF:23KB)

■区内見学会を実施しました(平成21年6月24日)

桜区について知るために、桜区に住んでいながらもなかなか行く機会のない施設などを見学しました。

1.レッズランド

グランドを見学した後、クラブハウスでスライドを見ながらお話をうかがいました。

区内見学会1-1
 
区内見学会1-2
 

2.千貫樋水郷公園

コミュニティ会議「アヤメの会」に所属する友光委員より、公園の概要や活動について説明がありました。

区内見学会2-1
 
区内見学会2-2
 

3.埼玉大学

渋谷副学長より、大学の概要についてお話をうかがいました。その後、職員の方や大橋委員より、学内の図書館や地域開放を始めたグランドを案内していただきました。

区内見学会3-1
 
区内見学会3-2
 

■第2回区民会議を開催しました(平成21年5月27日)

区民会議の日程など活動年間スケジュール、区内見学会の実施について検討しました。また、部会編成のための討議を行いました。

第2回区民会議
 

第2回議事録(PDF:31KB)

■第1回区民会議を開催しました(平成21年4月26日)

委員の委嘱、会長・副会長の選出のほか、第三期の活動報告や今後の活動についての検討を行いました。会長には山本茂樹委員、副会長には加藤路子委員、島﨑清一委員を選任しました。

第1回区民会議
 

 ⇒第1回議事録(PDF:18KB)

目次に戻る

活動紹介(さわやか部会)

「健康」をテーマに桜区の特色ある自然や施設を生かした“さわやか”な暮らしを目指す部会です。

さわやかな暮らしを送るには、まず心身ともに健康であることが大切である、ということから、「健康」をキーワードに活動を進めていくことになりました。
桜区は自然豊かな地域です。日々の暮らしの中で、もっとその豊かさを感じ取れるように地域の良さを掘り起こし、それらを健康な暮らしにつなげていこうと活動しています。

■会議の開催

・平成21年度の会議(さわやか部会)

会議 期日 主な議題
第1回 平成21年7月22日(水) ・区民ふれあいまつりへの参加について
・さわやか部会の取り組みテーマの検討
・部会年間スケジュール
第2回 平成21年8月27日(木) ・部会の取り組みテーマについて
・今後の進め方について
・区民会議主催事業、視察研修について
第3回 平成21年9月12日(土) ・区内の散策コース選定・チェックポイントの検討
・区民会議主催事業について
第4回 平成21年10月29日(木) ・自然散策コース(仮称)をウォーキング
・区民ふれあいまつりでのアンケート及び模擬店(防災用非常食の配布)に ついて
第5回 平成21年11月25日(水) ・区民会議主催事業(講演会)について
・ウォーキングの実施結果について
・視察研修について
第6回 平成21年12月17日(木) ・歴史散策コース(仮称)をウォーキング
・区民会議主催事業「桜区元気づくり講演会」について
・視察研修について
第7回 平成22年1月27日(水) ・ウォーキングの実施結果について
・区民会議主催事業「桜区元気づくり講演会」について
・視察研修について
第8回 平成22年2月24日(水) ・「桜区元気づくり講演会」について
・桜っ子だより第14号について
・これまでの活動の成果等について
第9回 平成22年3月17日(水) ・意見交換の実施結果について
・さわやかマップ作成について
・21年度活動報告書(案)について

・平成22年度の会議(さわやか部会)

会議 期日 主な議題
第1回 平成22年4月15日(木) ・「さわやかマップ」コース検討
・「食」についての活動方針検討
・年間スケジュールの決定
第2回 平成22年5月28日(金) ・「さわやかマップ」おすすめポイントなどの意見交換
・体験農業について、資料を基に検討
・視察研修先の検討
第3回 平成22年6月24日(木) ・「さわやかマップ」施設紹介文などの検討
・体験農業に関する活動内容の検討
・主催事業(講演会)、視察研修に関する提案事項のまとめ
第4回 平成22年7月24日(土) ・さわやかマップについて
・区民ふれあいまつりについて
・体験農業について
第5回 平成22年8月26日(木) ・さわやかマップについて
・全体会取組事業について
・体験農業について
第6回 平成22年9月15日(水) ・さわやかマップについて
・全体会取組事業について
・体験農業について
・その他
第7回 平成22年10月14日(木) ・全体会取組事業について
・体験農業について
・合同ウォーキングについて
・その他
第8回 平成22年11月19日(金) ・体験農業について
・部会合同ウォーキング
・平成22年度活動報告書の内容について
・その他
第9回 平成22年12月16日(木) ・さわやかマップについて
・平成22年度活動報告書の内容について
・その他

■活動紹介

・歴史散策コース(仮称)をチェックリストを持ってウォーキング(平成21年12月17日(木))

8:50 プラザウエスト集合
9:09 コミュニティバスで市民医療センターへ 歴史散策コース1
9:40 市民医療センターを出発 歴史散策コース2
林鐘寺から荒川総合運動公園通りへ 歴史散策コース3 歴史散策コース4

荒川総合運動公園通りから千貫樋水郷公園へ

※途中で塚山古墳、神明寺古墳、薬師堂のマキに立ち寄る

歴史散策コース5 歴史散策コース6
千貫樋水郷公園から埼玉大学へ 歴史散策コース7 歴史散策コース8
13:00 プラザウエスト到着

・自然散策コース(仮称)をチェックリストを持ってウォーキング(平成21年10月29日(木))

8:50 プラザウエスト集合
9:04 コミュニティバスで中浦和駅へ 歴史散策コース9
9:35 中浦和駅を出発 歴史散策コース10
秋ヶ瀬緑道を桜橋まで
※途中で田島氷川社に立ち寄る
歴史散策コース11 歴史散策コース12
さくら草公園(田島ケ原サクラソウ自生地)へ 歴史散策コース13 歴史散策コース14
桜橋から鴨川堤桜通り公園をとおってプラザウエストまで 自然散策コース7 自然散策コース8
12:20 プラザウエスト到着

 目次に戻る

活動紹介(ふれあい部会)

鴨川や大学といった地域資源の活用及び人々の交流の促進によって、区民同士をつなげあわせる“ふれあい”をテーマにした部会です。

桜区には埼玉大学という、かけがえのない「資産」があります。「埼玉大学と区民の交流や連携」というテーマは、桜区区民会議の誕生まで遡る宿願、といっても過言ではないでしょう。そもそも、まちの元気のもとは、人と人の交わりではないでしょうか。
今期もさらに、このテーマの検討を前に進めていくこととなりました。

■会議の開催

・平成21年度の会議(ふれあい部会)

会議 期日 主な議題
第1回 平成21年7月22日(水) ・部会年間スケジュールについて
・取り組みテーマについて
第2回 平成21年8月24日(月) ・昨年度の埼玉大学との交流実績について
・部会テーマについて
第3回 平成21年9月12日(土) ・取り組む内容について
1.どのような交流について取り組んでいきたいか
2.どのように進めていけばよいか
第4回 平成21年10月21日(水) ・ふれあいまつりの展示ブースについて
・部会で取り扱うテーマについて
第5回 平成21年11月25日(水) ・区民まつりを振り返って
・研修視察先について
・部会のテーマ決定について
第6回 平成21年12月16日(水) ・前回の確認
1.公民館等における国際交流活動について
2.国際交流協会の取り組みについて
3.スポーツに関する大学との連携について
・取り組みたいテーマ・内容について
第7回 平成22年1月27日(水) ・「埼玉大学留学生との交流会」の実施に向けて
・視察研修について
第8回 平成22年2月24日(水) ・『埼玉大学留学生との交流会~お茶会~』実施に向けて
・第4期活動成果について
第9回 平成22年3月17日(水) ・21年度報告書について
・今後の取り組みの進め方について
・取り組みの内容検討

・平成22年度の会議(ふれあい部会)

会議 期日 主な議題
第1回 平成22年4月23日(金) ・埼玉大学留学生との交流会の日程調整
・子ども手形プロジェクト、ランニング教室、桜区の資源を生かしたウォーキングイベントの概要について
第2回 平成22年5月28日(金) ・埼玉大学留学生との交流会に係る具体的内容の検討
・ランニング教室の実施概要について
第3回 平成22年6月25日(金) ・埼玉大学留学生との交流会の実施結果報告
・桜区の資源を生かした交流イベントの内容検討
・ランニング教室の実施について
第4回 平成22年7月24日(土) ・埼玉大学留学生との交流会について
・桜区の資源を生かした交流イベントについて
・ランニング教室について
・区民ふれあいまつりについて
第5回 平成22年8月25日(水) ・埼玉大学留学生との交流会について
・桜区の資源を生かした交流イベントについて
・ランニング教室について
・区民ふれあいまつりについて
第6回 平成22年9月15日(水) ・埼玉大学留学生との交流会について
・その他
第7回 平成22年10月12日(火) ・埼玉大学留学生との交流会について
・ふれあいまつりについて
・合同ウォーキングについて
・その他
第8回 平成22年11月19日(金) ・ふれあいまつりについて
・走り方教室について
・留学生との交流会について
・活動報告書について
第9回 平成22年12月14日(火) ・活動の総括
・各取組のの振り返り
・区民会議の役割、活動について

■埼玉大学等、区内に存在する地域資源を見学に行きました。(平成21年6月24日)

区内見学会1
レッズランド
区内見学会2
千貫樋水郷公園
区内見学会3
埼玉大学図書館
区内見学会4
埼玉大学グラウンド
区内見学会5
埼玉大学第1食堂
区内見学会について、詳しくは、第四期全体活動をご覧ください。

目次に戻る

議事録・刊行物

 ■区民会議議事録

平成21年度

平成22年度

■桜区区民会議通信「桜っこだより」

■年間活動報告書

■桜区区民意識調査報告書

 目次に戻る

まち探検

■桜のアルバム2007

西浦和駅前
西浦和駅前(平成19年2月28日撮影)
林鐘寺
林鐘寺(平成19年3月27日撮影)
さくら草公園
さくら草公園(平成19年4月1日撮影)
プラザウエスト
プラザウエスト(平成19年4月1日撮影)
荒川総合運動公園通り
荒川総合運動公園通り(平成19年4月1日撮影)
鴨川堤桜通り公園
鴨川堤桜通り公園(平成19年4月1日撮影)
田島氷川神社
田島氷川神社(平成19年4月1日撮影)

■施設・公園編

●プラザウエスト・記念総合体育館

プラザウエスト
記念総合体育館
プラザウエストは、桜図書館・ホール・市民交流施設に加え、桜区役所を併せ持つ複合施設です。
その隣には、記念総合体育館があり、アリーナ・多目的室・温水プールなど、いろいろなスポーツが楽しめます。
桜区のほぼ中央に位置することからも、区民会議では、ここを桜区の拠点とすることを提案しています。

●西浦和駅 

西浦和駅1
西浦和駅2

桜区唯一の鉄道駅は、区の最南部・田島団地の北側にあります。
平成15年に完成した北口ロータリーには桜区の名前にちなんで2本の桜(河津桜)が植えられています。

●鴨川堤桜通り公園

鴨川堤桜通り公園1
鴨川堤桜通り公園2
鴨川旧堤とその周辺を約2キロにわたり整備した公園です。
770本余の桜(ソメイヨシノほか)が植樹され、春には桜のトンネルができるほどです。

●千貫樋水郷公園

千貫樋水郷公園1
千貫樋水郷公園2

千貫樋は鴨川の放水路に荒川からの逆流水害を防ぐために設けられた水門で、銭千貫かけても完成しなかったところから、その名がつけられました。千貫樋の周辺を整備してつくられたこの公園は、コミュニティ会議「アヤメの会」によって管理されています。
ショウブ園のほかにも、せせらぎ水路や子ども広場などがあります。

●荒川総合運動公園

荒川総合運動公園1
荒川総合運動公園2

荒川の河川敷に広がる荒川総合運動公園は、平成元年に整備され、およそ28平方メートルの敷地には、テニスコートやサッカー場、野球場など各種スポーツ施設が充実し、身近にスポーツや自然を楽しむことができます。
また、県道さいたま鴻巣線から公園までの約1キロの荒川総合運動公園通りは水辺公園として親しまれ、ソメイヨシノやシダレザクラが数多く植えられています。

■文化財編

●田島ケ原サクラソウ自生地(国指定天然記念物)

田島ケ原サクラソウ自生地1
田島ケ原サクラソウ自生地2
田島ケ原サクラソウ自生地3

荒川河川敷に広がる田島ケ原には約160万株のサクラソウが自生し、大正9年、土合村桜草自生地の名で国指定の天然記念物となり、昭和27年には、国の特別天然記念物に指定されました。
4月に可憐なピンクの花を草原いっぱいに咲かせるサクラソウは、埼玉県の県花、さいたま市の市花に制定されています。

●田島の獅子舞(市指定無形民俗文化財)

田島の獅子舞

田島氷川社に奉納される獅子舞で、田島の獅子舞保存会によって3月・7月・10月の祭礼に奉納されます。
大獅子・女獅子・中獅子からなる3頭立ての獅子が、魔除け・五穀豊穣を祈って勇壮に舞います。

●林鐘寺のイトザクラ(市指定天然記念物)

林鐘寺のイトザクラ

エドヒガンのシダレで、細い枝が糸のように見えることからその名があります。
高さ12.8m、幹まわり1.68m。推定樹齢100年、見ごろは3月下旬です。
 

●観音寺(市指定有形文化財)

観音寺

宿にある観音寺は、海潮山梵音院(かいちょうざんぼんのういん)と号する浄土宗のお寺です。
観音堂は、間口、奥行きとも6.54メートルで、茅葺き屋根も含めて三間仏堂の一典型として価値の高いものです。
四脚門、本尊の善光寺式阿弥陀如来三尊像とともに市指定文化財となっています。

●大久保の大ケヤキ(県指定天然記念物)

大久保の大ケヤキ

日枝神社の境内にある大ケヤキは、幹まわり9.4メートル、根まわり14メートル、高さ20メートルで、樹幹は県内最大です。
幹の中は広い空洞になっており、かなりの樹齢と推測されますが、樹勢は今なお旺盛で、大きく伸びた枝は形よく広がっています。
 

■見学の際には、マナーを守り、文化財所有者や管理者、近所の方、他の見学者や参拝者に迷惑をかけないようにお願いします。なお、これらの文化財は、常時公開されていない場合があります。
 

 目次に戻る

この記事についてのお問い合わせ

桜区役所/区民生活部/コミュニティ課 
電話番号:048-856-6130 ファックス:048-856-6274

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る