ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2017年6月23日 / ページ番号:C035667

メインコンテンツです。

穀物の粉を食べる害虫『コクヌストモドキ』

このページを印刷する

コクヌストモドキは、幼虫、成虫ともに小麦粉や米などの穀物の粉、菓子類、パン類、めん類などを食べる、甲虫目ゴミムシダマシ科の昆虫です。
家庭、食料品店、製粉工場、飼料工場などで発生する、世界的に有名な害虫です。
温暖な地域では一年中見られますが、春から秋にかけて活動が活発になり、高温時には良く飛ぶ習性があります。
成虫の寿命は200日以上と長く、メスは一生の間に数百個の卵を産みます。

コクヌストモドキ成虫の写真

成虫は、体長3から4ミリメートル、赤褐色で光沢があります。
写真は左から、背面 腹面 左側面です。
コクヌストモドキ成虫背面 コクヌストモドキ成虫腹面 コクヌストモドキ成虫側面

予防のポイント

  • 食品をプラスチックや金属製などの密閉容器に保管すると、虫の侵入を防ぐことができます。
  • 食品の保管場所は、高温・多湿を避け、定期的に清掃して清潔に保ちましょう。

 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/生活科学課 
電話番号:048-840-2260 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る