ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2017年6月23日 / ページ番号:C036430

メインコンテンツです。

カビや食品を食べる害虫『チャタテムシ』

このページを印刷する

チャタテムシは、カビを好んで食べる小さな昆虫です。
家の中の暗く、湿気の多い場所にある保存食品(穀物、乾麺、かつお節、菓子など)、押入れ、畳、木製家具、壁紙、本、ダンボール箱などで発生し、これらの表面にはえたカビや食品を食べます。
活発に歩き、ダニと間違われることがあります。
年に1~3回発生し、梅雨期から初秋にかけて増殖します。
また、夏の高温多湿な時期には大発生し、不快感を与えることもあります。

チャタテムシの写真

体長は2ミリメートル以下と小さく、体色は白色~茶褐色です。
写真は左から、翅(はね)のない種類とある種類です。
チャタテムシ 無翅 チャタテムシ 有翅   

予防のポイント

  • 食品は、乾燥剤などを用いて湿度を抑え、密閉できる容器に保管して、虫の侵入を防ぎます。 
  • 家の中の風通しを良くし、カビの発生を抑えます。
  • 畳などは日光にあて、乾燥させます。
  • 定期的に掃除し、カビの栄養源となる汚れやほこりを取り除きます。 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/生活科学課 
電話番号:048-840-2260 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る