ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2017年6月23日 / ページ番号:C008795

メインコンテンツです。

4 魔法瓶、やかん、水きりかご、お風呂のタイルが黒くなる。蛇口から黒い水、異物が出る。

このページを印刷する

アルミニウム製のやかんや鍋が黒くなる。なぜでしょうか?

お答え
アルミニウムは、鉄などと同様に腐食されます。
このため製造時にアルマイト処理(アルミニウムの表面に腐食防止用の被膜を作る)を行い腐食を防いでいます。
この被膜が劣化するとアルミニウムと水が反応を起こし、ベ-マイトという薄い水酸化アルミニウムの皮膜ができ、水に含まれるミネラル分や鉄などと反応し黒く見えることが主な原因です。一般に「アルミニウムの黒変化現象」と言われます。
なお、人体に影響はなく、鍋の使用にも差し支えありません。

魔法瓶の内側が黒くなる。なぜでしょうか?

お答え
湯沸かし器などの給湯設備から直接お湯を魔法瓶に注いでいると、給湯設備に使用されている銅管から微量の銅が溶け出し、徐々に魔法瓶の内側などに付着して黒く見えることが主な原因です。
銅自体には、ほとんど毒性がないため、水質基準値(1ミリグラム/リットル)以下であれば害になることはありません。
このような場合、一旦水道水等をやかんやポットで沸かした後、魔法瓶に移すことで黒くなるのを防ぐことができます。

水きりかご、お風呂のタイルの目地等が黒くなる。なぜでしょうか?

お答え
水きりかごやお風呂のタイルの目地など、常に湿った状態にある場所では、空気中の細菌やカビなどが繁殖することが主な原因です。
日常の掃除や換気を十分に行うことで予防することができます。
また、付いてしまった黒色の色素は塩素系漂白剤で落とすことができます。
なお、漂白剤の使用にあたっては、取扱い上の注意事項等を良くお読みになったうえでご使用ください。

蛇口から黒い水や異物が出てくる。なぜでしょうか?

お答え
蛇口などに使われているゴム製のパッキンが劣化し、開閉操作をしたときに砕けて出てくるのが主な原因です。
マンションなどで、給水用のポンプに使われているゴムが原因の場合は、さらに細かく砕けて墨汁のように見えるときがあります。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/生活科学課 
電話番号:048-840-2260 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る