ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2018年9月19日 / ページ番号:C032321

メインコンテンツです。

科学を体験サイエンスラボ 実施報告

このページを印刷する

 健康科学研究センターでは、学校の夏季休業期間に児童・生徒を対象とした科学実験教室を開催しています。
 平成30年度は小学5、6年生を対象に4教室、中学2、3年生を対象に1教室、高校生を対象に1教室を開催しました。

小学5・6年生対象教室(以下の4教室)

教室名:水の健康調査隊

開催日時:平成30年7月24日(火曜日) 13時30分から16時30分まで
場所:さいたま市保健所 2階栄養指導室
内容:川の水や洗剤等の汚れを測って家庭からの排水の川への影響(えいきょう)を調べました。また、水と油の性質について、マーブリングを使って観察しました。

30水の健康調査隊1
30水の健康調査隊2

教室名:食品の色を調べ隊

開催日時:平成30年7月25日(水曜日) 13時30分から16時30分まで
場所:さいたま市保健所 2階栄養指導室
内容:食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁や重曹(じゅうそう)水を入れて、色の変化を調べました。また、合成着色料をまぜて作った色水に何種類の着色料がまざっているかを調べました。

30食品の色を調べ隊2 
30食品の色を調べ隊1

教室名:イカの不思議をさぐり隊

開催日時:平成30年7月27日(金曜日) 13時30分から16時30分まで
場所:さいたま市保健所 2階栄養指導室
内容:イカの解剖(かいぼう)を行って、体のしくみを調べました。口からしょうゆを入れて、食べ物の通り道を観察しました。

30イカの不思議をさぐり隊1
30イカの不思議をさぐり隊2

教室名:DNAを取り出し隊

開催日時:平成30年7月31日(火曜日) 13時30分から16時30分まで
場所:さいたま市保健所 2階栄養指導室、第1研修室
内容:すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出す実験をしました。また、顕微鏡(けんびきょう)を使ってネギの根の細胞中の染色体(せんしょくたい)を観察しました。

30DNAを取り出し隊1
30DNAを取り出し隊2

中学2・3年生対象教室

教室名:ようこそ大気研究室へ~分析体験教室~

開催日時:平成30年7月26日(木曜日) 13時30分から17時まで
場所:さいたま市健康科学研究センター 4階分析室
内容:自動車の排ガス中に含まれる二酸化窒素の分析を行いました。

30大気研究室1
30大気研究室2

高校生対象教室

教室名:コメのDNA鑑定

開催日時:平成30年8月1日(水曜日) 13時30分から17時まで
場所:さいたま市健康科学研究センター 3階検査室
内容:コメが品種ごとにもつDNAの長さを比べて、3品種のコメを鑑定しました。  

30コメのDNA鑑定1
30コメのDNA鑑定2

平成19年度から29年度は以下の教室を開催しました。

平成24年度以前は、小学5・6年生のみを対象とした教室「親子で楽しむサイエンスラボ」を実施しました。
平成25年度からは上記小学生対象教室に加え、中学生・高校生を対象とした教室も実施し、「科学を体験サイエンスラボ」に名称を変更しています。

平成29年度

小学生

  • 教室名:DNAを取り出し隊
    すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出す実験をしました。また、顕微鏡(けんびきょう)を使ってネギの根の細胞中の染色体(せんしょくたい)を観察しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品から色をとり出し、とり出した色水に酸性(さんせい)の水あるいはアルカリ性の水を入れて、色の変化を観察しました。また、リトマス紙を使って、酸性とアルカリ性の性質(せいしつ)の違いを調べました。。
  • 教室名:イカの不思議をさぐり隊
    イカの解剖(かいぼう)を行って、体のしくみを調べました。口からしょうゆを入れて、食べ物の通り道を観察しました。
  • 教室名:おうちの水を調べ隊
    おうちから出る排水(はいすい)の川への影響(えいきょう)を調べました。また、水と油や洗剤の特徴(とくちょう)について、マーブリングを使って観察しました。 

中学2,3年生

  • 教室名:ようこそ大気研究室へ~分析体験教室~
    自動車の排ガス中に含まれる二酸化窒素の分析を行いました。

高校生

  • 教室名:コメのDNA鑑定
    コメが品種ごとにもつDNAの長さを比べて、3品種のコメを鑑定しました。
 

平成28年度

小学生

  • 教室名:DNAを取り出し隊
    すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出す実験をしました。また、顕微鏡(けんびきょう)を使ってネギの根の細胞中の染色体(せんしょくたい)を観察しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁や重曹(じゅうそう)水を入れて、色の変化を調べました。また、合成着色料をまぜて作った色水に何種類の着色料がまざっているかを調べました。
  • 教室名:イカの不思議をさぐり隊
    イカの解剖(かいぼう)を行って、体のしくみを調べました。口からしょうゆを入れて、食べ物の通り道を観察しました。
  • 教室名:手羽先で骨格(こっかく)標本を作り隊
    ニワトリの「手」である手羽先を使って筋肉と骨の観察を行いました。また、手羽先の骨を組み立てて骨格標本を作製しました。 

中学2,3年生

  • 教室名:ようこそ大気研究室へ~分析体験教室~
    自動車の排ガス中に含まれる二酸化窒素の分析を行いました。

高校生

  • 教室名:1日食品衛生検査員
    市販の食品(漬物)から食品添加物の保存料(ソルビン酸)を取り出し、分析機器を使ってその量を調べました。

平成27年度

小学生

  • 教室名:DNAを取り出し隊
    すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出す実験をしました。また、顕微鏡(けんびきょう)を使ってネギの根の細胞中の染色体(せんしょくたい)を観察しました。
  • 教室名:手羽先で骨格(こっかく)標本を作り隊
    ニワトリの「手」である手羽先を使って筋肉と骨の観察を行いました。また、手羽先の骨を組み立てて骨格標本を作製しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁や重曹(じゅうそう)水を入れて、色の変化を調べました。また、合成着色料をまぜて作った色水に何種類の着色料がまざっているかを調べました。
  • 教室名:イカの不思議をさぐり隊
    イカの解剖(かいぼう)を行って、体のしくみを調べました。食べ物の通り道は、口からしょうゆを入れて観察しました。

中学2,3年生

  • 教室名:ようこそ大気研究室へ~分析体験教室~
    自動車の排ガスの中に含まれる二酸化窒素について、どのくらいの濃度か分析機器を使って調べました。

高校生

  • 教室名:1日食品衛生検査員
    食品(弁当)の一般細菌の数や黄色ブドウ球菌の有無について、検査を行いました。

平成26年度

小学生

  • 教室名:DNAを取り出し隊
    すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出す実験をしました。また、顕微鏡(けんびきょう)を使ってネギの根の細胞中の染色体(せんしょくたい)を観察しました。
  • 教室名:手羽先で骨格(こっかく)標本を作り隊 
    ニワトリの「手」である手羽先を使って筋肉と骨の観察を行いました。また、手羽先の骨を組み立てて骨格標本を作製しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁や重曹(じゅうそう)水を入れて、色の変化を調べました。また、合成着色料で作った色水の中に何種類の着色料が使われているか調べました。
  • 教室名:イカの不思議をさぐり隊
    イカの解剖(かいぼう)を行って、体のしくみを調べました。食べ物の通り道は、口からしょうゆを入れて観察しました。 

中学2,3年生

  • 教室名:ようこそ大気研究室へ~分析体験教室~
    自動車・バイクの排気ガスを採取し、その中に含まれる二酸化窒素について分析を行いました。分光光度計を使い、濃度を測定しました。

高校生

  • 教室名:1日食品衛生検査員
    市販の食品(漬物)から食品添加物の保存料(ソルビン酸)を取り出し、分析機器を使うことで、その使用量を調べました。

平成25年度

小学生

  • 教室名:DNAを取り出し隊
    すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出す実験をしました。また、顕微鏡(けんびきょう)を使ってネギの根の細胞中の染色体(せんしょくたい)を観察しました。
  • 教室名:リサイクル石けん作り隊
    使い終わった食用油と牛乳(ぎゅうにゅう)パックを使って、リサイクル石けんを作りました。また、塩水を使ってアルカリを弱くしたきれいなリサイクル石けんも作りました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁や重曹(じゅうそう)水を入れて、色の変化を調べました。また、合成着色料で作った色水の中に何種類の着色料が使われているか調べました。
  • 教室名:イカの不思議をさぐり隊
    イカの解剖(かいぼう)を行って、体のしくみを調べました。食べ物の通り道は、口からしょうゆを入れて観察しました。

中学2,3年生

  • 教室名:ようこそ大気研究室へ~分析体験教室~
    自動車・バイクの排気ガスを採取し、その中に含まれる二酸化窒素について分析を行いました。また、電子顕微鏡を使い、シャープペンシルの芯を観察しました。

高校生

  • 教室名:1日食品衛生検査員
    理化学検査では、食品に使われている保存料(ソルビン酸)を取り出し、分析機器を使うことで、その使用量を調べました。
    微生物検査では、食品にどのくらい細菌が含まれているかを培養して調べました。また、目に見える大きさに発育させた黄色ブドウ球菌などの集落を観察しました。

平成24年度

  • 教室名:音の不思議を調べ隊
    音の伝わり方を発砲ビーズを使った実験で学びました。また、音の大きさ・高さについて、ヘリウムガスやモスキート音を使って実験しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁、重曹(じゅうそう)水を入れて、色の変化を調べました。また、合成着色料で作った色水の中に何種類の着色料が使われているか調べました。
  • 教室名:DNAを取り出し隊
    すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出して観察しました。また、人工イクラを作る実験をしました。
  • 教室名:イカの不思議をさぐり隊
    イカを使って、体のしくみを知るために解剖(かいぼう)を行いました。心臓(しんぞう)や血管(けっかん)を観察し、口からしょうゆを入れて食べ物の通り道を調べました。

平成23年度

  • 教室名:リサイクル石けん作り隊
    使い終わった天ぷら油と牛乳(ぎゅうにゅう)パックを使って、リサイクル石けんを作りました。また、実験の合間に音の大きさや高さについて体験しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁、重曹(じゅうそう)水を入れて、色の変化を調べました。また、食品中に何種類の合成着色料が使われているか調べました。
  • 教室名:DNAを取り出し隊
    すりつぶしたブロッコリーからDNAを取り出し、観察しました。取り出したDNAを染色液(せんしょくえき)でそめて観察しました。
  • 教室名:イカの不思議をさぐり隊
    イカの解剖(かいぼう)を行い、しょうゆを口から入れて食べ物の通り道を観察しました。また、液晶(えきしょう)を作って液晶について学びました。

平成22年度

  • 教室名:魚のからだ調べ
    魚の解剖を行いました。魚の体のつくりと人の体のつくりの違いを学びました。
  • 教室名:鏡の世界を見てみ隊
    スライドガラスとシャーレを鏡にする実験をしました。また、スライドガラスの鏡を合わせて万華鏡を作ったり、光と色について観察しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の色素が溶けた色水を作り、レモン汁、重曹水を入れて、色水の色の変化を調べました。また、食品の着色料に何種類の色素が使われているか調べました。
  • 教室名:DNAを取り出し隊
    簡単な『DNA鑑定』実験と、ブロッコリーからDNAを取り出す実験をしました。また、顕微鏡でいろいろな細胞を観察しました。
  • 教室名:大気汚染を見てみ隊
    身近なもので顕微鏡を作成し、植物の気孔をとおして大気の汚染を観察しました。また、自動車の排気ガスに試薬を使って色をつけ、 大気汚染を目で見えるようにして観察しました。

平成21年度

  • 教室名:大気汚染を見てみ隊
    身近な物で簡単な顕微鏡を作り、光を当てて大気の汚れを観察しました。また、植物の気孔は汚れているのか、光学顕微鏡で観察しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    きれいな色の食べ物から色素を取り出して、白い毛糸を染める実験をしました。
  • 教室名:リサイクル石けんつくり隊
    使い終わった天ぷら油と牛乳パックで、リサイクル石けんを作りました。また、紫キャベツを使った試験液で、身近な液体のpHを調べました。
  • 教室名:DNAを見てみ隊
    細胞はどんな姿をしているのか、自分の細胞を顕微鏡で観察しました。また、ブロッコリーからDNAを取り出しました。

平成20年度

  • 教室名:リサイクル石けんつくり隊
    使い終わった天ぷら油と牛乳パックで、リサイクル石けんを作りました。また、紫キャベツを使った試験液で、身近な液体を入れた時の色の変化などを調べました。
  • 教室名:音の違いを調べ隊
    空気と音の伝わり方との関係を、ストローやグラスを使った実験で学びました。また、自分たちで実際に音を出して音の大きさを測定しました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品の容器に表示された内容を調べて、使われている着色料の種類を確認しました。市販されている漬物から着色料を取り出して、白い毛糸に色をつける実験を行いました。
  • 教室名:水の不思議を学び隊(1回目・2回目)
    水を一瞬で凍らせる実験や水の中でシャボン玉を作る実験などを通して、水の性質について学びました。
  • 教室名:花粉の観察をしてみ隊
    色をつけた花粉を、顕微鏡で観察しました。観察した花粉は、スケッチをしたり、写真を撮影して、形を記録しました。

平成19年度

  • 教室名:葉っぱの標本つくり隊
    4種類の葉を使って葉脈標本を作製し、しおりや下敷きにしました。また、作った標本を観察して、葉の働きについて考えました。
  • 教室名:音の違いを調べ隊
    紙コップを使った実験で、音は空気などが振動することで伝わることを体感しました。
  • 教室名:エコ石けんつくり隊
    使い終わった天ぷら油と牛乳パックでエコ石けんを作りました。また、エコ石けんを作る過程の化学反応について学びました。
  • 教室名:食品の色を調べ隊
    食品に含まれる着色料の実験を行いました。市販のお菓子や漬物から着色料を取り出し、食品の袋にある食品表示と一致しているかを確認しました。また、着色料の種類について学びました。
  • 教室名:ミクロの世界を見てみ隊
    ホコリからダニを取り出して観察したり、室内にあるアレルギーの原因(ダニ)について検査しました。




さいたま市感染症情報センタートップページへ

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/保健科学課 
電話番号:048-840-2250 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る