ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2019年7月16日 / ページ番号:C035771

メインコンテンツです。

健康科学研究センター屋上からの大気観察記録

このページを印刷する

健康科学研究センター屋上からの大気観察記録【 令和元年6月 】

健康科学研究センター(以下「センター」と表記します)環境科学課では、毎月センター屋上で有害大気汚染物質等モニタリング調査を行っています。センター屋上からは遠くの景色を見渡すことができ、天候や大気の状態によって約100キロメートル離れた富士山を望むことができることもあれば、近くのさいたま新都心ビル群すらかすんで見えることもあります。ここではモニタリング調査に合わせて屋上からの写真や観察時のデータを観察記録として掲載します。

掲載内容の詳細説明はこちらをご参照ください。

それでは大気観察結果をご覧ください 

1.屋上からの写真

撮影日時 令和元年6月12日 14時頃
撮影時天気 曇り
測定値(速報) SPM 15 μg/m3   Ox  46 ppb    
風向 ENE 風速 1.3 m/s     
観察結果 梅雨の時期らしく曇りや雨の時間帯が多いなか、撮影前夜にも降雨があり、撮影時はどんよりとした曇り空で薄暗い様子でした。さいたま新都心ビル群は白と灰色の曇り空を背景に薄暗いながらもしっかりと観察できました。東京スカイツリーはかなりかすんでいましたが全体を確認することができました。富士山は姿をとらえることができませんでした。
さいたま新都心ビル群
(約2.3km先)
201906さいたま新都心
 
東京スカイツリー
(約25km先)
201906東京スカイツリー
 
富士山
(約100km先)
201906富士山
 

2.大気調査時の気温と湿度

201906気温湿度グラフ


6月12日9時から13日9時までの24時間の気温と湿度の変化です。
調査開始日の天気は曇りで、上空は薄暗い雲に覆われていました。日中わずかに日が差す時間もあり、気温はやや上昇、湿度はやや低下しました。夕方から翌朝にかけて気温は低下、湿度は上昇しました。翌日の天気は晴れで、日の出とともに気温は上昇、湿度は低下しました。





3.ろ紙の写真

201906ろ紙
採取前         採取後


6月12日から13日にかけて、センター屋上で大気中の粉じんを24時間採取したろ紙です。
採取後のろ紙はやや薄い灰色でした。採取期間中に降雨はありませんでしたが、前夜に降雨があり、大気中の粉じんがやや少なめであったと考えられます。
 



ブレイクショット

ここでは、毎月の大気観察記録とは別に観察された写真をご紹介します(不定期掲載)。

今回は、6月17日に観察された富士山等の写真、
そして、6月25日及び26日に観察された花の写真です。

6月7日、気象庁は関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表しました。

梅雨入り以降、曇りや雨のすっきりしない天気が続くなか、
6月17日の朝、
上空では薄雲越しに届く太陽の光の周りが、
円を描くように彩られて観察されました。

201906ブレイクショット1太陽1
201906ブレイクショット2太陽2

このように、太陽の周りに円状に現れる虹のことを「ハロ(日暈)」といいます。
薄雲の中の氷の粒を太陽の光が通過するとき、
光が曲げられることで現れる大気光学現象です。

同じ頃、周囲を見渡すと、
富士山や東京スカイツリーも細部まではっきりと観察することができました。
富士山は大部分の雪が溶け、わずかに山頂に残るのみとなっていました。

201906ブレイクショット3富士山1
201906ブレイクショット4富士山2
201906ブレイクショット5東京スカイツリー1
201906ブレイクショット6東京スカイツリー2

雨が多いこの季節に花期を迎え、
華やかな初夏の便りを届けてくれる植物もいます。
6月下旬、センター敷地内では、
ひときわ華やいだ香りを漂わせるクチナシが咲き始めました。
緑のつぼみから徐々に可憐な白い花を咲かせていく姿は
かぐわしい香りとともに通りすがりの人の心と視線をとらえます。

201906ブレイクショット7クチナシ1
201906ブレイクショット8クチナシ2
201906ブレイクショット9クチナシ3
201906ブレイクショット10クチナシ4
201906ブレイクショット11クチナシ5

そして、梅雨時期となれば、
見逃せないのがネジバナです。
今年もかわいらしい花を連ねて咲いていました。

201906ブレイクショット12ネジバナ1
201906ブレイクショット13ネジバナ2
201906ブレイクショット14ネジバナ3

梅雨の合間の青空に向かって背伸びをするかのように、
今年は花を数多くつなげた背丈の大きいネジバナが多くあるように感じられました。

ブレイクショット15ネジバナ4


掲載月ダウンロードファイル(PDF形式)


 大気観察記録(令和元年6月)

   

平成25年度、26年度、27年度、28年度、29年度、30年度の大気観察記録については
こちら 〔資料館 > 専門科学情報 〕
をご覧ください。


平成31年度・令和元年度の過去の大気観察記録については、以下の関連ダウンロードファイルをご参照ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/環境科学課 大気係
電話番号:048-840-2265 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る