ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C032803

メインコンテンツです。

赤とんぼ初目撃情報募集の結果(平成25年)について

このページを印刷する

『赤とんぼ初目撃情報募集の結果(平成25年)について』

「赤とんぼ初目撃情報」の募集に対し、沢山の情報をお寄せ頂きありがとうございました。中には、写真を撮って送っていただいた方もいらして、心よりお礼申し上げます。

今回は、さいたま市外からも多くの情報いただきまして、最終的にさいたま市内の情報が119件、さいたま市外の情報が95件、合わせて214件の情報を頂きました。

こちらでは、さいたま市内の情報を集計した結果をお知らせ致します。

区ごとの最も早い報告日、報告合計数

区ごとに、最も早い目撃の報告日及び報告合計数を下の表にまとめました。

表1 赤とんぼが最も早く目撃された報告日及び報告合計数
赤とんぼが最も早く目撃された報告日及び報告合計数

寄せられた情報において、6月29日に北区で目撃されたのが一番早いものでした。

赤とんぼの項目別目撃情報

どの区でいつ目撃されたかを、図1にまとめました。8月下旬から多くの情報が寄せられ、9月12日が12件と一番多くの情報をいただきました。

赤とんぼの目撃日(区別)
図1 赤とんぼの目撃日(区別)

次に、赤とんぼが目撃された日とさいたま市の平均気温を図2にまとめました。

赤とんぼ目撃日とさいたま市の平均気温の関係
図2 赤とんぼ目撃日とさいたま市の平均気温の関係  

平均気温が25度を下回る頃に、情報が多く寄せられました。

アキアカネに代表される赤とんぼは暑さに弱いため、初夏に羽化してから標高の高い山に移動します。山で成育したとんぼは体が赤くなり、平地が涼しくなる頃におりてきて産卵します。

次に、目撃した場所について、図3にまとめました。

目撃した場所について報告があったのが64件で、一番多かったのが住宅街27件、その後田んぼや畑などが続きました。

赤とんぼが目撃された場所
図3 赤とんぼが目撃された場所
とんぼは、生息地として水辺を好むと言われていることから、さいたま市内を流れる河川の位置と目撃情報を図4にまとめました。
河川の位置と目撃された地点
図4 河川の位置と目撃された地点
図4に示したように、さいたま市は大小様々な河川が身近にあり、また公園や畑、田んぼなど緑も多いことから、 赤とんぼの姿をみることができるようです。

今回いただいた情報では、庭先で1匹見かけたといった情報から多数群れをなして飛んでいたとの情報まで、一度に目撃された赤とんぼの数は様々でした。

秋の初めに赤とんぼが飛んでいる、そんな風景をいつまでも見ることができる自然豊かなさいたま市であってほしいものです。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/環境科学課 水質係
電話番号:048-840-2266 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る