ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2016年12月14日 / ページ番号:C032608

メインコンテンツです。

河川水質改善状況(BOD)

このページを印刷する

さいたま市では、市内の10河川23地点で水質調査を行っています。

生物化学的酸素要求量(BOD)とは

Biochemical Oxygen Demandの略で、微生物が5日間で水中の有機物を分解するために消費する酸素の量を表します。
河川の汚れを表す代表的な指標として用いられます。

地図概要

市内23箇所の調査地点、写真、年間平均値の経年変化グラフを地図上でみることができます。地図上のポイントまたは写真をクリックするとその地点のグラフが表示されます。

下の画像またはページ内の関連リンクをクリックしてください。

河川水質改善状況(BOD)(新しいウインドウで開きます)

環境基準との比較

BODの環境基準は水域毎に異なります。
市内を流れる代表的な河川では、荒川は地点により2または5mg/L、元荒川・鴨川・綾瀬川は5mg/L、芝川は8mg/Lとなっています。
環境基準を評価するには、年間の日間平均値全データのうち75%以上のデータが基準値を満たしている場合(データが100個あった場合、濃度の低い方から75番目 )、環境基準に適合しているものとします。
平成27年度の測定結果では、代表する7地点すべての地点で環境基準を達成しています。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/環境科学課 大気係
電話番号:048-840-2265 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る