ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2020年9月1日 / ページ番号:C075257

メインコンテンツです。

カンピロバクター属菌の写真

このページを印刷する

カンピロバクター属菌の電子顕微鏡写真

カンピロバクター属菌は、Campylobacter jejuni(カンピロバクター・ジェジュニ)をはじめとする細菌のグループ名です。ニワトリやウシ、ブタなどの腸管内に分布し、食肉、特に鶏肉に多く付着しています。鶏刺しなどの肉の生食による食中毒の起因菌となることが多く、下痢、腹痛、発熱などの症状を起こします。

この写真は、カンピロバクター属菌であるカンピロバクター・ジェジュニを倍率2,000倍で観察しています。

カンピロバクター属菌の写真
カンピロバクター属菌(倍率2,000倍)
カンピロバクター属菌の写真
カンピロバクター属菌(倍率2,000倍)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/保健科学課 臨床微生物係
電話番号:048-840-2255 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る