ページの本文です。

ワークショップ

当館収集方針のひとつである「本をめぐるアート」に関連した本のワークショップや、多世代交流を目的としたワークショップを行っています。

本のワークショップ2019

申し込み期間は終了しています。

造本作家を講師に迎えて本づくりを体験し、本をめぐるアートに対する理解を深めるプログラムです。
2019年は、次の2種類のワークショップを実施します。

文庫本でプラ・ラポルテ

日時 令和元年9月14日(土曜日)13時~16時
受付 12時半~

お気に入りの文庫本をプラ・ラポルテスタイルで仕立てます。
プラ・ラポルテ製本とは、背と平表紙を違う素材で作ることが出来る現代製本の一つです。

文庫本でプラ・ラポルテ参考作品
「文庫本でプラ・ラポルテ」参考作品


オープン背表紙の画帳

日時 令和元年9月15日(日曜日)13時~16時
受付 12時半~

支持体と麻糸を使って糸かがりの開きのよい画帳を作ります。
オープン背表紙は折丁の背と糸かがりが見えるのがポイントなので、本文折丁を様々な色の紙で作ってみます。

オープン背表紙の画帳
「オープン背表紙の画帳」参考作品


詳細情報

講師
藤井敬子(版画、造本作家)
イギリス、イタリア、エストニア等、海外の国際製本展で受賞多数。
大学、美術館、NHK などで製本やブックアートの講座講師。個展、グループ展多数。

アシスタント
佐藤真紀 9月14日(土曜日)
中野裕子 9月15日(日曜日)

会場
うらわ美術館ギャラリーD

定員
各回中学生以上24名

材料費
1,000円 9月14日(土曜日)
1,000円 9月15日(日曜日)

持ち物
9月14日(土曜日)「文庫本でプラ・ラポルテ」のみ、
改装したい文庫本一点(天地160ミリメートル、背幅20ミリメートル)

申し込み方法

申し込み期間は終了しています。

定員を超えた場合は抽選とし、結果は往復はがきでお申し込みの方には返信用はがきで、
インターネットでお申し込みの方にはメールで、
令和元年8月27日(火曜日)までにお知らせいたします。

チラシ

このワークショップのチラシは下記「関連ダウンロードファイル」の添付資料をご覧ください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

このページの先頭へ