ページの本文です。

ワークショップ

当館収集方針のひとつである「本をめぐるアート」に関連した本のワークショップや、多世代交流を目的としたワークショップを行っています。

本のワークショップ

本のワークショップは、リピーターも多い人気のワークショップです。造本作家を講師に招き、初めての方でも本格的な手製本を体験することができます。
2021年度は、2日間かけてお気に入りの一冊をゆっくり丁寧に仕上げていく内容です。

文庫本でプラ・ラポルテ製本とソフトケース

日時:令和3年9月18日(土)・19日(日)
13:00~16:00
受付 12:30~
※2日間かけて仕上げる内容です。2日間参加可能な方が対象です。

大切にしたい文庫本をプラ・ラポルテ製本で装い、出来上がった本に合わせて保護カバーと箱型のソフトケースを作ります。元の文庫本にかかっているカバーも貼り込んで残しておけます。(プラ・ラポルテ製本[plats rapportés]は、背の表装材を先に本体につけてから、別に作成した平表紙を後からつける製本方法です。)

プラ・ラポルテ製本1

詳細情報

講師
藤井敬子(版画、造本作家)
イギリス、イタリア、エストニア等、海外の国際製本展で受賞多数。
大学、美術館、NHK などで製本やブックアートの講座講師。個展、グループ展多数。

アシスタント
中野裕子

会場
さいたま市 浦和コミュニティセンター 第13集会室(浦和パルコ・コムナーレ10階)
〒330-0055 さいたま市浦和区東高砂町11番1号

定員
20名(中学生以上)

材料費
1,500円
※9月18日(土)に会場受付にてお支払いください。

持ち物
文庫本(高さ160mm、厚み30mm以内)

申込み方法

8月20日(金)必着で、氏名(ふりがな)、電話番号を明記の上、往復はがきで「本のワークショップ係」宛、
または「インターネット(さいたま市生涯学習情報システム)」でお申込みください。
1人単位で受け付けます。(1枚の用紙で複数人数の申込みはできません。)
定員を超えた場合は抽選とし、結果は往復はがきでお申込みの方には返信用はがきで、
インターネットでお申込みの方にはメールで、
令和3年8月27日(金)までにお知らせいたします。

チラシ

このワークショップのチラシは下記「関連ダウンロードファイル」の添付資料をご覧ください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

このページの先頭へ