ページの本文です。

うらわ美術館開館22周年「芸術家たちの住むところ」

urawa_22nd_poster

2020年春にうらわ美術館開館20周年記念展が、
新型コロナウイルス感染症対策に伴い開催中止となってから、
当館では本展覧会の開催を目指し、様々な代替プロジェクトを展開してきました。
そしてこのたび、2年間の延期を経て、美術と向き合う思いを新たに、
構成内容や出品作品は当初の記念企画規模で、本展覧会を実現します。

いつの頃からか「鎌倉文士に浦和絵描き」という言葉が聞かれるようになりました。1923年の関東大震災後、東京から幾人かの芸術家がさいたま市の浦和地域に移り住んだことが背景として挙げられますが、他にもこの土地が絵描きの街となった要因は様々にありました。なぜ彼らはこの土地を選び、居住の地としたのでしょうか。そしてここで何を感じ、どのような作品を生み出したのでしょうか。
本展では各地の美術館や関係機関の所蔵作品と当館収蔵品を交え、芸術家同士の繋がりや様々なエピソード、時代状況等をたどりながら、この土地に集った芸術家たちの作品やその背景をひも解きます。芸術文化をつないできた芸術家たちの足跡、そして彼らが活躍の場を広げていった様子を、100タイトルを超える作品、資料とともに前期と後期の二期に分けて展覧します。

展覧会構成

前期 4月23日(土曜日)~6月19日(日曜日) :セクション1、2
後期 6月28日(火曜日)~8月28日(日曜日) :セクション1、3

セクション1 描かれた土地の記憶
セクション2 戦前 : 芸術家たちの諸相
セクション3 戦後 : それぞれの道
*セクション2は前期のみ、セクション3は後期のみの展示となります。セクション1も一部展示替えがあります。
ぜひ前・後期両方ご覧ください。

出品作家

跡見泰、瑛九、奥瀬英三、小沢剛、加藤勝重、金子徳衛、鹿子木孟郎、倉田白羊、小林真二、小松崎邦雄、斎藤三郎、櫻井英嘉、里見明正、重村三雄、杉全直、須田剋太、相馬其一、高田誠、武内鶴之助、田中保、津久井利彰、寺内萬治郎、富本憲吉、内藤四郎、永田二郎、野島康三、林倭衛、林武史、福田尚代、福原霞外、増田三男、安井曽太郎、四方田草炎、渡邉武夫 (50音順、敬称略)
*半期のみ作品展示の作家もいます。
詳しくはページ下記の「関連ダウンロードファイル」より、出品作品リストをご覧ください。

展覧会の見どころ

1.美術をとおして見た街は、新しい魅力がいっぱい!
芸術家たちがそれぞれの作品に写しとったこの風景や人々の営みには、芸術家ならではのユニークな視点や愛着を感じることができます。今まで気づかなかった街の魅力を発見したり、また、今は失われてしまった風景に想いを馳せてみたり、それぞれの楽しみ方ができるでしょう。

2.ゆかり作家の名品を全国から集結!
近隣の文化施設や個人から、遠くは九州・中国地方の美術館まで、ゆかり作家の名品が一堂に会します。作品がゆかりの地に集まる展覧会をぜひお楽しみください。

3.イベントにも注目!
対談イベント等を予定しています。夏には子ども向けの企画もございます。
また、同施設内のロイヤルパインズホテル浦和では、本展出品作品から着想を得たコラボレーションスイーツが登場予定です!
ロイヤルパインズホテル浦和_ケーキ

開催情報

会期 2022年4月23日(土曜日)~8月28日(日曜日)
前期:4月23日(土曜日)~6月19日(日曜日)
後期:6月28日(火曜日)~8月28日(日曜日)

開館時間 10時~17時
金曜日・土曜日のみ~20時(入場は閉館30分前まで)

休館日月曜日(ただし7月18日は開館)、6月20日~27日、7月19日

主催 うらわ美術館

企画協力 日動美術財団

観覧料

一般 830(660)円、大高生 520(410)円、中学生以下無料

  • ( )内は20名以上の団体料金
  • 障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は半額
  • リピーター割引:観覧済の有料観覧券の提示により、団体料金(観覧日から1年、1名、1回限り有効)

前後期共通割引チケット

一般 1200円、大高生 700円※前後期共通チケットは全会期中2回ご利用いただけます。

観覧無料期間

前期:4月23日(土曜日)~5月1日(日曜日)
後期:7月23日(土曜日)~7月31日(日曜日)

関連事業

夜のギャラリー・トーク

  1. 5月27日
  2. 6月17日
  3. 7月15日
  4. 8月12日
  • いずれも金曜日19時から(40分程度)
  • 当館学芸員が展覧会の見どころや作品・作家の解説を行います
  • 事前予約等なし
  • 参加費無料(ただし、当日の観覧券が必要です)

その他の関連事業についても随時更新予定です。

プレスリリース

プレスリリースは下記の「関連ダウンロードファイル」の添付資料をご覧ください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

地図情報をスキップする。

地図情報

地図をご覧になる場合は、下記リンクをクリックしてください。(Googleマップが新しいウィンドウで開きます。)

このページの先頭へ