ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年8月22日 / ページ番号:C015291

さいたま市浸水(内水)防災マップを更新しました(平成28年8月発行)

このページを印刷する

マップの更新について浦和区情報面
平成23年10月より公表の「さいたま市浸水(内水)防災マップ」について、
平成23年度から平成27年度までの最新の浸水履歴等を反映することにより、
浸水想定区域や関連情報の更新、多言語表記を行い、充実を図りました。
このマップは、市民の皆様に、内水による浸水が想定される区域、降雨時の
行動の目安や避難時の注意点など災害時に役立つ情報を提供し、もしもの時
のため、日ごろからの備えと対策をしていただくためのものです。

降雨時の行動の目安
平常時:このマップや洪水ハザードマップを確認し、日頃から備える
降雨前:気象情報や浸水想定区域を確認し、避難や土のう等の準備を行う
降雨中:むやみに避難せず、近くの丈夫な建物の2階以上などで待機する
降雨後:河川の水位情報や洪水ハザードマップを確認し、洪水に備える

内水による浸水とは
雨の量が下水道の能力を超えるときや、河川の水位が高くなったときに、雨水
を排水できなくなり浸水することです。
なお、洪水(外水はん濫)は、河川の水位が高くなり、堤防を越えて水があふ
れたり、決壊したりすることです。

浸水(内水)防災マップにおける浸水想定区域とは浸水想定区域の例
内水により、浸水が想定される区域のことです。
過去に市民の皆様から通報があった浸水情報をもとに、地形情報を考慮して、
想定される浸水の深さにより区分し着色しています。
平成23年10月に公表のマップでは、平成13年度から平成22年度の10年間の浸水
情報をもとに浸水想定区域を作成しました。
平成28年8月に公表のマップでは、平成18年度から平成27年度の10年間の浸水
情報をもとに浸水想定区域を作成しています。
また、平成13年度から平成17年度の間の浸水履歴についても記載しています。

配布(公表)場所
各区役所の情報公開コーナー 10箇所
支所及び市民の窓口 25箇所
公民館 59箇所
生涯学習総合センター 1箇所
図書館 25箇所

なお、縮小版をダウンロードファイルからご覧いただけます。 

お問い合わせ

(マップ関連について)下水道計画課、河川課 (浸水情報について)防災課
【電話番号】下水道計画課:048-829-1566、河川課:048-829-1585、防災課:048-829-1126
【ファックス】下水道計画課:048-829-1975、河川課:048-829-1968、防災課:048-829-1978

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

建設局/下水道部/下水道計画課 
電話番号:048-829-1565 ファックス:048-829-1975

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る