ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000039

保険・雇用・労働

中小企業退職金共済制度は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度です。

女性の能力発揮のために働く女性が性別によって差別されることなく、しかも母性を尊重されつつ充実した職業生活を営むことができるよう、「男女雇用機会均等法」が制定されております。

また、さいたま市では、再就職を希望する女性に対する、様々な就労支援を実施しています。

平成22年10月1日から、以下のとおり雇用保険制度が変わりました。

有期労働契約(注釈)の反復更新の下で生じる雇止めに対する不安を解消し、働く方が安心して働き続けることができるようにするため、労働契約法が改正され、有期労働契約の適正な利用のためのルールが整備されました…

平成25年4月1日から障害者の法定雇用率が引上げになります。

現在、急速な少子化が進行しており、次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境を作るため、国、地方公共団体、企業、国民が一体となって対策を進めることが重要となっています。

歩くことを中心として、継続的な健康づくりの取組を支援する健康マイレージの参加者を募集しています。

法務省では、刑務所出所者等に対する就労支援に積極的に取り組み、保護観察所において雇用に協力いただける「協力雇用主」を募集しています。

さいたま市では、市内の就労の現場におけるがん対策の現状について把握するため、調査を実施いたしましたおので、その結果を報告します。

男女雇用機会均等法で禁止している「間接差別」の対象範囲が拡大します。

パートタイム労働法の公正な待遇を確保し、納得して働くことができるようにするため、パートタイム労働法が改正されました。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る