ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年3月30日 / ページ番号:C057564

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症

このページを印刷する

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症 とは

 コリネバクテリウム・ウルセランス感染症は、ジフテリア菌と同じコリネバクテリウム属に分類されている細菌によって起こる動物由来感染症で、人や犬、猫、牛などの様々な動物において感染が確認されています。

感染経路・症状

ジフテリアによく似た症状を引き起こします。

呼吸器感染:初期に風邪に似た症状を示し、その後、咽頭痛、咳などとともに、扁桃や咽頭などに偽膜形成や白苔を認めることがあります。

呼吸器以外では、頸部リンパ節腫脹や皮膚病変の感染例も報告されています。

予防について

 国内では、ウルセランス菌に感染した犬や猫から人への感染が確認されています。しかしペットなど動物の接触に対し、過度に神経質になるよりも、一般的な日頃の衛生管理として、動物と触れ合った後は、手洗いを確実に行うことが重要です。
 ※鼻水などの風邪様症状、皮膚炎、皮膚や粘膜潰瘍などを示している犬や猫などペットに触れる場合は、過度な接触は避け、手袋やマスクの着用、手洗いを励行しましょう。

 国内では、人に対する定期予防接種の対象である3種混合(H24.11以降は4種混合)ワクチンにジフテリアトキソイド(ワクチン)が含まれています。このワクチンは、この感染症にも有効であると考えられています。

Q&A(厚生労働省作成)

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症に関するQ&A(PDF形式:813KB)(厚生労働省)

参考情報

2018年2月11日開催 ワンヘルスに関する連携シンポジウム-ヒトと動物の共通感染症- 講演資料(厚生労働省HPより)

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症-ジフテリア類似の人獣共通感染症-  岩城正昭 先生 [3,329KB]

国内初のCorynebacterium ulcerans感染による死亡例を経験して  尾辻健 先生 [2,484KB]

さいたま市感染症情報センタートップページへ

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/保健科学課 
電話番号:048-840-2250 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る