ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年6月15日 / ページ番号:C014094

まちづくりに役立っている宝くじ

このページを印刷する

ヌゥのイラスト

さいたま市は「自治宝くじ」を発行しています。
宝くじが私たちのまちづくりに役立っていることをご存知ですか?
宝くじのあれこれをちょっと覗いてみましょう。

【注意】宝くじをめぐる「詐欺」にご注意ください

1.宝くじ時効当せん金をめぐる「詐欺」にご注意ください
~「宝くじ時効当せん金をお客さまに配当する」ことは絶対にありません~

「時効当せん金が当たったので配当する」などとかたり、金銭をだまし取る事件が全国で発生しているとの情報があります。宝くじの時効当せん金は、発売元である全国都道府県及び20指定都市に納められ、お客さまに配当されることは絶対にありません

2.ロト6をめぐる「詐欺」にご注意ください
~「事前に抽せん結果が分かる」ことは絶対にありません~

「ロト6の抽せん結果を事前に教える」などとかたり、金銭をだまし取る事件が全国で発生しています。全ての宝くじの抽せんは、公開のもと厳正かつ公正に行なわれており、事前に抽せん結果が分かるなどということは絶対にありません

どこで買えるの?

埼玉県内のみずほ銀行と宝くじ売り場で買うことができます。
県内での売り上げの一部がさいたま市の収入になります。
宝くじのお求めはぜひ埼玉県内でお願いします。

宝くじの種類は?

大きく3つの種類があります。

普通くじ

おなじみの「年末ジャンボ宝くじ」など、番号が印刷されていて、発売期間終了後に抽せんが行われる宝くじです。

スクラッチくじ

購入後すぐにコインなどで削って、結果がその場で分かる手軽な宝くじです。

数字選択式くじ

現在はナンバーズ3・ナンバーズ4、ロト6・ロト7・ミニロトの計5種類があります。当せん金額が発売額と当せん口数により変動するのが特徴で、いわゆるキャリーオーバーの発生時には、一等当せん金がロト6で最大4億円、ロト7で最大8億円となります。

ところで宝くじの歴史はどんなもの?

宝くじの歴史について簡単にご紹介します。

宝くじ一枚の中身はどうなっているの?

  • 約46%:当せんした方々への当せん金となります。
  • 約40%:地方自治体の収益金になります。
  • 約14%:宝くじを売るためにかかる経費など。

さいたま市にはどのくらい収入があるの?

本市における過去5年間の宝くじ収入額は以下のようになっています。

  • 平成22年度 3,380,682,717円
  • 平成23年度 3,680,097,844円
  • 平成24年度 3,505,659,298円
  • 平成25年度 3,696,685,532円
  • 平成26年度 3,561,707,532円

どんなまちづくり事業に使われているの?

平成26年度収益金の主な使途は以下のようになっています。

  • 子育て支援医療費助成事業 1,918,802,000円
  • 認可外保育施設運営事業 914,548,000円
  • 長寿慶祝事業 135,763,000円

詳しくはこちら平成26年度の使いみち(PDF形式:159KB)

もっと知りたい(リンク集)

私たちのまちづくりに役立つ宝くじ。
ぜひ埼玉県内の売り場でお買い求めください。

この記事についてのお問い合わせ

財政局/財政部/財政課 財源係
電話番号:048-829-1155 ファックス:048-829-1974

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る