ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年1月21日 / ページ番号:C036689

譲渡猫の紹介

このページを印刷する

当センターには様々な事情で猫が保護・収容されます。ここでは今現在、譲渡可能な猫達をご紹介します。当センターに保護・収容されている猫を一匹でも多くあたたかいご家庭に迎えてくださいますよう、市民の皆様のご応募を心からお待ちしております。 

※気になる猫がいましたら、猫譲渡担当までご連絡ください。
※タイミングの関係で、すでに譲渡されている場合や譲渡不適格として対象から外れる場合もございますのでご了承ください。
※当センターに収容される猫はどのような病気をもっているか分かりません。譲渡後に発症して罹患していたことが分かる場合もあります。その点をご理解いただいた上での譲り受けをお願いします。


譲渡可能な子猫(推定3ヵ月~1才)

 現在ご紹介できる猫はおりません。

譲渡可能な成猫(推定1才以上)
・No.1
たぬ吉たぬ吉2
たぬ吉、2才前後、メス
人間が大好き。小柄で、おもしろ……個性的な風貌の女子。
砂の上ではおトイレをしたくないようで、彼女の好みは、金属製のバット。
性格には一切の問題がありません。
問題は、トイレのみ。
しつけに自信のある方、もしくは「トイレ問題なんて、そもそも問題じゃない」という広い心をお持ちの方からの応募をお待ちしております。


No.2
幸多
幸多(こうた)、3~6才、オス(去勢済)
彼は昨年の10月上旬に収容されました。
人の姿を見たら「シャー―!」、エサを入れたお皿を差し伸べればパンチ!、触ろうとしたら「シャー―!」&パンチ&ガブリ!

当センターでは、多少気難しい猫でも「それも個性、オッケーオッケー」と譲渡対象に回しているのですが、幸多くんはあまりにも色々と凄かったので、譲渡対象には回せずにいました。
収容スペースが無くなった時点で、彼は処分でした。


そして、今・・・



幸多2
彼はデレ猫になりました。

幸多はむはむ
甘噛みも出来ます。(痛くない、穴が開かない、血がでない)

幸多ごろん
どうした、何があった!!

 ※臆病なので、知らない人には威嚇します。
 ※馴れるまでは、そっとしておいて下さるようお願いします。
 

成猫から飼い始めてみませんか

「子猫から飼い始めないとなつかない。」と思われていませんか?
猫は居心地のよい環境に順応する動物です。

成猫から飼うメリット

  1. 高齢者でも飼いやすい
    飼い主は動物の健康および安全を保持しつつ、生態、習性及び生理を理解し、「終生飼養(動物がその命を終えるまで適切に飼養すること)」する努めがあります。(環境省告示「家庭動物等の飼養及び保管に関する基準」)
    猫の寿命は20年ほどです。飼い猫の命を全うするまで飼養すべきことを考えると、成猫がおすすめです。成猫になると行動が落ち着き、犬と異なり散歩も必要ありません。
  2. 性格の判定
    成猫になると性格がはっきりしてくるので、自分の好みにあった猫が見極められます。また、子猫よりも性格が落ち着くので、ゆったりとした飼育生活を楽しみたい方におすすめです。
  3. 日中不在の家庭でも大丈夫
    猫は、単独でも生活できる動物です。成猫であれば、比較的短期の不在でも食事と水があれば大丈夫です。

譲渡をご希望の方は犬・猫の譲渡についてのページをご覧ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/動物愛護ふれあいセンター 
電話番号:048-840-4150 ファックス:048-840-4159

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る