ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月9日 / ページ番号:C039414

農業政策部農業者トレーニングセンター

このページを印刷する

農業者トレーニングセンター 展示温室 アグリフェスタ14
住所 〒336-0974 さいたま市緑区大崎3156番1
電話番号 048-878-2026 ファックス番号 048-878-2027

お知らせ

 ・園芸植物園はこんな花が咲いています。※園芸植物園のページにリンクします。
 
・サクラソウの品種展示をします。※サクラソウの品種展示のページにリンクします。
 ・さいたま市アグリフェスタ’17を開催します。※さいたま市アグリフェスタ’17のページ
にリンクします。


 
農業者トレーニングセンターは、花植木生産の中心地、本市緑区東南部に位置し、農業振興の拠点施設となることを目的として、昭和51年4月に業務を開始しました。 その後、花と緑を通した、農業と市民の交流の場、自然科学の観察の場として昭和53年5月より花き展示温室を中心として園芸植物園を開園しました。
現在、農業者トレーニングセンターでは、花植木生産の拠点として苗木生産の技術指導、省力化、生産物の集出荷体制の整備をはかり農業の振興、農業経営の効率化を目的として諸事業を実施しています。
また、多くの花き類がある園芸植物園や多目的広場である緑の広場は、多くの市民の憩いの場となっています。

業務概要

・全施設、設備の管理・運営
・センター内の会議室等及び付属施設(母樹・ミスト温室、花き集荷施設)の貸出 
・園芸植物園内の展示温室、展示花木園での植物展示と栽培管理
・栽培技術の指導(植物栽培の技術指導・相談、種苗の育成)
・市民園芸講座・園芸相談の実施(市民向け植物栽培、植物知識の普及)
・イベントの開催(市民に対する農の普及・生産者との交流)
・HP等による情報の発信
・サクラソウ、ツバキの品種保存
・各種農業団体への協力、支援

主な施設 

・農業者トレーニングセンター 有料
研修ホ-ルをはじめ5室の研修室、会議室等があり、農業後継者の養成、農業知識経営技術等の研修会議等の研修会議等に利用されています。
・園芸植物園 無料
約35,000平方メートルのセンター敷地の中に、大・中・小の花き展示温室と花木園などの園芸植物園があります。この植物園は、市民が花と緑に触れ合うことのできる場でもあり、多くの方々に親しまれています。
・緑の相談所 無料
草花や植木、野菜等の花や緑に関する相談業務を、無料で、窓口と電話で行っています。
・緑の広場 無料
年間を通じ、多目的広場として、市民の憩いの広場として開放されています。
※案内図(リーフレット:園芸植物園ごあんない)

開所時間 

・農業者トレーニングセンター(貸出)午前9時から午後10時
・園芸植物園午前9時から午後4時(花き展示温室は午前10時から午後4時)
・緑の相談所(電話番号 048-878-2934)相談日時:毎週水曜日、金曜日のみ 午前10時から午後3時
(ただし水曜、金曜が祝日の場合は業務を行っておりません)
・緑の広場
年間を通じ、開放しています。(原則として、団体等による運動会等の専有利用はできません。)

休館日 

・農業者トレーニングセンター・緑の相談所(緑の広場除く。)
12月29日から1月3日まで
・園芸植物園
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日が休園日)及び12月29日から1月3日まで

アクセス方法 

・バス
・浦和駅東口1番バス乗り場から国際興業バス(尾間木・浅間下経由の大崎園芸植物園行き・東川口駅北口行き・浦和美園駅行き)に乗車し、大崎園芸植物園バス停下車 徒歩10分
 ※路線等変更となることもありますので、バス運行会社にお問い合わせください。

駐車場

・農業者トレーニングセンター事務所内駐車場(小型5台 無料)センター事務所利用者のみ
・緑の広場北側駐車場(小型20台 無料)
4月から10月14日は午前9時から午後7時、それ以外は午前9時から午後5時
・緑の広場南側駐車場(小型50台 無料)
4月から10月14日は午前9時から午後7時、それ以外は午前9時から午後5時

利用上の注意事項 

1.農業者トレーニングセンター
許可を受けた目的以外に施設及び設備等を利用しないでください。
許可を受けていない施設及び設備等を利用しないでください。
施設及び設備等を損傷し、又は汚損しないでください。
利用の許可を受けた施設以外に立ち入らないでください。
許可を受けずにセンター内において寄附の募集、物品の販売、飲食物等の提供、広告物の掲示、写真の撮影、
録音等を行わないでください。
許可を受けずに火気等を利用し、又は所定の場所以外において喫煙しないでください。
利用者は利用時間を厳守してください。
利用の権利を譲渡し、または転貸することはできません。
施設の利用前に当該利用許可書を係員に提示し、指示に従ってください。
施設の利用を終了した時は、現状に回復し係員の点検を受けてください。
既納の使用料は、条例に定める以外は、お返しできません。
部屋内外の壁・柱・ガラス等に張り紙やポスターチラシ等の掲示、釘、画鋲類を打たないでください。
2.併設施設温室
病虫害に侵されているものを搬入しないでください。
他人の挿した花きに手を触れないでください。
係員の指示に従ってください。 花き集荷施設
許可を受けた目的以外に利用しないでください。
施設・設備等を損傷、汚損しないでください。
係員の指示に従ってください。
3.園芸植物園(展示温室)
展示物に手を触れないでください。
係員の指示に従ってください。
4.緑の広場
自転車、自動車の乗り入れはしないでください。
ゴルフ、野球、その他団体での球技はしないでください。
広場内での火の使用はしないでください。
ペットはリードでつなぎ放し飼いはやめ、糞は必ず持ち帰ってください。

近郊農業情報

美園地区観光農業ネットワーク美園地区観光農業ネットワーク
緑区の見沼田んぼ周辺の農家の方が、新鮮な野菜やフルーツ、また丹精をこめて生産した花・植木・盆栽などを提供しています。市民と農業とのふれあいを深めるため、さまざまな観光農業を結びつけネットワーク化が図られました。
サツマイモ掘り、ブルーベリー摘み、ぶどう、梨狩り、イチゴの摘み取り・直売、そして市民農園など楽しみがいっぱい。季節折々の見沼の豊かな自然を楽しみ、さいたま市産の取れたてのおいしい農産物を味わうことができます。

チコリー 浦和軟化蔬菜出荷組合チコリー部会チコリチコリの花
さいたまのブランド野菜「チコリー」が緑区で生産されています。

地図情報をスキップする。

地図情報

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

経済局/農業政策部/農業者トレーニングセンター 
電話番号:048-878-2026 ファックス:048-878-2027

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る