ページの先頭です。 メインコンテンツへ移動

ページの本文です。

更新日付:2019年3月18日 / ページ番号:C015838

メインコンテンツです。

さいたま市の花粉飛散カレンダー

このページを印刷する

花粉症の原因となる花粉は、たくさんあり、60種類以上の花粉についての報告があります。
さいたま市でも、1年を通して様々な植物の花粉が飛散しています。
さいたま市健康科学研究センターの屋上で、平成19年から23年の間に観測された、花粉症の原因となる主な花粉について、飛散期間を  緑枠で示しました。

春~夏期に飛散する花粉

1月には、ハンノキなどのカバノキ科の花粉が飛散し始めます。
2月には、スギの花粉が飛散し始めます。
3月には、ヒノキ科の花粉が飛散し始めます。
4月には、ケヤキなどのニレ科やブナ科・マツ科・イチョウ科に加え、カモガヤなどのイネ科の花粉が飛散し始めます。

秋期に飛散する花粉

9月には、キク科のブタクサ属やヨモギ属、クワ科のカナムグラ属などの花粉が飛散し始めます。

さいたま市におけるスギ・ヒノキ花粉の飛散状況」では、スギ・ヒノキ花粉の飛散開始日等を掲載してあります。
グラフで見るスギ・ヒノキ花粉飛散状況」では、過去の花粉飛散状況をグラフで確認できます。
花粉症の原因花粉について」では、花粉症の原因とされている主な原因植物と花粉について、写真で紹介しているので参考にしてください。

花粉カレンダー

(補足)表の飛散期間は飛散量の多い時期を示しており、この期間以外の時期でも、少量の花粉が飛散している場合があります。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/生活科学課 
電話番号:048-840-2260 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る