ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000150

まちづくりのしくみ・構想・交付金

大宮駅周辺において、都市再生緊急整備地域の新規指定を国に申出したことのお知らせ

土地区画整理事業の長期未着手地区となっている「大門地区」において、地元住民と市との協働による話し合いの場となる「大門地区まちづくり協議会」の取組状況についてお知らせします。

作成したさいたま新都心将来ビジョンの原案について有識者の意見を伺うために「さいたま新都心将来ビジョン有識者懇話会」を設置しました。第1回、第2回の資料を公開しています。

さいたま市では「さいたま新都心周辺地区」における、将来のまちづくりの指針となる[さいたま新都心将来ビジョン]を策定しました。

作成したビジョンの原案について有識者の意見を伺うために「さいたま新都心将来ビジョン有識者懇話会」を設置しました。第3回、第4回、第5回の資料を公開しています。

市町村合併により、さいたま市になる以前の旧市(与野市を除く。)では「中心市街地活性化基本計画」を策定していましたが、現在、本市としては「中心市街地活性化基本計画」を作成していません。

平成20年度・平成21年度と検討を進めてきた「大宮駅周辺地域戦略ビジョン」がとりまとまりました。大宮駅周辺地域戦略ビジョンの概要版・本編のデータは、こちらよりダウンロードできます。

1目的地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図ることを目…

都市再生整備計画事業の着手前の計画策定時に市町村が設定した目標や指標について、交付期間の終了後又は交付期間の最終年度中にその達成状況等を検証し、要因分析を行うとともに、今後のまちづくり方策などを検討するものです。

 社会資本整備総合交付金交付要綱第10の規定に基づき、社会資本総合整備計画のひとつである「都市再生整備計画」については、交付期間の終了時に事後評価を実施する必要があります。

 実施に当たり、学識経験を有する者及び関係団体の代表者から構成する「さいたま市都市再生整備計画事後評価委員会」を設置し、事業による成果及び今後のまちづくり方策等に係る意見を聴取します。

土地区画整理事業とは、道路、公園、河川等の公共施設を整備・改善し、土地の区画を整え宅地の利用増進を図る事業です。

大宮駅周辺地域戦略ビジョンに関する新着情報、記者提供資料、報告資料へのリンク

土地区画整理事業の長期未着手地区となっている「大門地区」の取組状況についてお知らせします。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る