ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年8月24日 / ページ番号:C000612

みそのウイングシティ

このページを印刷する

みそのウイングシティ (地域の愛称)

 ウイングシティは、「未来に飛び立つ鳥のような地域の形状」と「しらさぎをイメージした埼玉スタジアム2002の形状」を表現したもので、周辺地域名の美園地区と組み合わせ、愛称を「みそのウイングシティ」としています。

イメージロゴ

みそのウィングシティ イメージロゴ

地域の特徴

世界最大のスポーツ大会の会場都市 

 平成14年6月、日本と韓国が共同で開催したワールドカップ・サッカー大会に日本戦や準決勝戦を含む4試合が埼玉スタジアム2002で行われました。観客収容63,700人とビックゲームの開催にふさわしく、世界最高水準のプレーが行われました。その後も、世界中が注目する国際試合や、Jリーグの試合が開催され、毎年サッカーを愛好する人々が、この地に集います。


埼玉スタジアム写真 
埼玉スタジアム2002

優れた交通アクセス

 当地域は、隣接する東北自動車道浦和I.Cの利用により、東京都心はもとより成田、羽田方面、さらには、東京外環自動車道を経由して関越自動車道、常磐自動車道方面へのアクセスが容易で、全国への交流の展開が可能です。また、埼玉高速鉄道線の利用により、東京都心と直結し、横浜へも東急線経由でスムーズにアクセスできます。
 

治水と自然環境の保全を図ったうるおいとやすらぎの水辺空間

 当地域では治水対策として、まちづくりと一体的に、綾瀬川の洪水調節池を整備し、水害に強いまちづくりと新たな親水空間、自然環境を創造します。

地域整備の基本方針

  1. 埼玉スタジアム2002周辺において、スポーツ・文化等を中心として、交流活動がなされる拠点の形成
  2. 浦和美園駅周辺において、生活支援・地域福祉の向上等に資する、地域の交流活動がなされる拠点の形成
  3. 治水対策と連携し、水や緑などの自然環境と調和した街の形成
  4. 美しく安全で快適な住宅市街地の形成
将来構想図
将来構想図

(補足)将来構想図はイメージであり、実際の整備内容と異なることがあります。

土地利用計画図 

土地利用計画図 
土地利用計画図

(補足)土地利用計画図は、変更になることがあります。 詳しくは、各区画整理事業施行者へお問い合わせください。

航空写真

 航空写真 H26.1時点

(補足)実際の区域と異なることがあります。詳しくは、それぞれの区画整理事業施行者にご確認ください。

施行中の土地区画整理事業

さいたま市施行
・浦和東部第一特定土地区画整理事業
・大門下野田特定土地区画整理事業
(担当事務所)
 浦和東部まちづくり事務所
〔住所〕 さいたま市緑区大字大門1678番地1
〔電話番号〕 048-878-5143
〔ファックス〕 048-878-5141

独立行政法人都市再生機構施行
・浦和東部第二特定土地区画整理事業
・岩槻南部新和西特定土地区画整理事業
 (担当事務所)
  首都圏ニュータウン本部販売業務部販売業務第3課
 〔住所〕 さいたま市南区沼影1丁目10-1ラムザタワー5階
 〔電話番号〕 048-837-1301
 〔ファックス〕 048-839-1340

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市局/まちづくり推進部/浦和東部まちづくり事務所 管理係
電話番号:048-878-5143 ファックス:048-878-5141

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る