ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年4月1日 / ページ番号:C032618

認定取得までの流れ

このページを印刷する

認定取得までの流れ

NPO法人が認定を取得するまでの流れは以下のとおりとなります。

  1. 事前相談
  2. 認定(特例認定)申請
  3. 審査
  4. 現地調査
  5. 認定・不認定の決定

1.事前相談

認定(特例認定)の取得をご検討の方は、まずは所轄庁での事前相談をお願いいたします。
また事前相談をご予約される際には、以下の事前チェックシートを使用して、ご自身の法人が認定(特例認定)の基準に該当するかの確認をお願いいたします。

事前チェックシート(PDF形式:251KB)

2.認定(特例認定)申請

認定(特例認定)申請書類を作成後、所轄庁へ申請を行います。

3.審査

所轄庁において申請書類の審査を行います。

4.現地調査

書類の審査が終了後、法人の事務所にて現地調査を行います。
現地調査で主に確認する内容は以下のとおりです。なお、状況に応じて以下の事項以外にも確認させていただく場合がございます。

  1. 寄付者名簿の確認(寄付の領収書等)
  2. 法人の会計帳簿(総勘定元帳など)の内容の確認
  3. 会計帳簿の保存期間の確認
  4. 事業報告書等の備付け状況の確認
  5. 役員の就任状況等の確認
  6. 総会の議事録等の確認

5.認定・不認定の決定

書類審査・現地調査の内容に基づき、認定・不認定の決定を行います。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/市民協働推進課 
電話番号:048-813-6403 ファックス:048-887-0164

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る