ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年2月28日 / ページ番号:C058415

被措置児童等虐待について

このページを印刷する

 

1 被措置児童等虐待とは

 被措置児童等虐待とは、施設等への入所措置等をされた児童に対し、施設職員等が行う虐待を言います。

 

2 対象となる施設等

 里親、小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)、乳児院、児童養護施設、児童心理治療施設、児童自立支援施設、障害児入所施設、指定発達支援医療機関、児童相談所一時保護所、一時保護委託先

 

3 対象となる児童

 上記の対象施設に入所しているすべての児童(18歳以上の者を含む。)

 

4 被措置児童等虐待通告の状況

 児童福祉法第33条の16及び同法施行規則第36条の30の規定に基づき、平成28年度さいたま市における被措置児童等虐待の状況について公表します。

年度

受理件数

虐待該当

非該当

平成28年度

0件

0件

0件

 

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/子ども育成部/子育て支援政策課 養護・手当係
電話番号:048-829-1270 ファックス:048-829-1960

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る