ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年6月1日 / ページ番号:C072839

区長あいさつ(令和2年6月)

このページを印刷する

◆ 区長あいさつ(6月) ◆

 梅雨の季節となりました。
 この時季は、蒸し暑さと梅雨寒で体調を崩しがちです。健康管理には十分お気をつけください。
 区民の皆様は、自治会の活動をご存じでしょうか。
 自治会では、災害に備えるため自主防災組織による防災訓練、防犯パトロール、回覧や自治会掲示で地域の身近な情報提供など、地域で
支え合い、安心して暮らせるまちづくりのために、幅広い活動を行っています。
 皆様も自治会に参加して地域のつながりを深めてみてはいかがでしょうか。
 区では、地球温暖化対策の一環として、軽装(ノーネクタイ・ノー上着)での執務をさせていただいておりますので、ご理解をよろしくお願
いいたします。                                               中央区長 西村 徹

【5月のアルバム】

 ◎新型コロナウイルスの感染拡大防止対策
    さいたま市と中央区役所では、区民の皆様に新型コロナウイルスの感染拡大防止に関する啓発を行っております。

         注意喚起
            区の広報車で区内を巡回して、新型コロナウイルスの感染拡大防止について
            アナウンスを実施しております。

         防災無線 
         新型コロナウイルスの感染拡大防止を浦和レッズ所属の阿部 勇気選手に、新型コロナウィルスの
         給付金等に便乗した詐欺の注意を大宮アルディージャ所属の菊池 俊介選手にお願いして、防災行
         政無線で呼びかけております。    (例示:区役所屋上に設置された防災行政無線スピーカー)


◎区役所周辺のバラの手入れを紹介します。


         庁舎前のばら
              今年も、区役所前の花壇に綺麗にバラが咲きました。


         庁舎前のばら 
              区役所駐車場のフェンスにもつるバラが咲きました。


         剪定の全景 
              左側から、さいたま中央区バラサポーターの井原会長、近藤副区長(本年4月就任)、
              西村区長、総務課職員がバラの手入れを行いました。


         剪定指導
              さいたま中央区バラサポーターの井原会長の指導を受けて手入れしました。


         剪定作業
           花が咲き終わった後、花がらを残しておくと種が作られます。
           種が作られるには多くのエネルギーが必要で、栄養分も種に取られてしまいます。
           次に咲く花が貧弱になったり、病気の発生源にもなることから、早めに花がらを取る作業を行いました。

◎   5月の区民ギャラリー(市民食堂)は、「与野の桜」の写真展です。

         ポスター
              
         作品  
                  「与野の桜」の写真を展示しました。

         作品拡大
                   与野公園や鴻沼川の護岸沿いなどの桜の名所を堪能できました。

【今月の主なイベントのご紹介】

  ◎6月の区民ギャラリー(市民食堂)は、大宮盆栽美術館に所蔵されている盆栽の写真を展示します。
    ※新型コロナウイルスの影響により、中止する場合があります。

この記事についてのお問い合わせ

中央区役所/区民生活部/総務課 
電話番号:048-840-6013 ファックス:048-840-6160

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る