ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年6月29日 / ページ番号:C060402

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

市民の皆様へ(平成30年6月29日)

このページを印刷する

荻原浩さん市長特別賞

 皆さん、こんにちは。さいたま市長の清水勇人です。
 
 6月18日、大阪府北部で震度6弱の地震が発生しました。
 亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
 この地震による被害の中で、学校のブロック塀が倒壊し、小学生が亡くなるというたいへん痛ましい事故が起きました。この事態を受けて、本市もただちに公共施設等の総点検に取り掛かっています。公共施設等によるあってはならない事故を防いでいくため、さいたま市としても、必要な対策に最善を尽くしてまいります。
 また、今回の地震でも多くの帰宅困難者が発生しました。
 本市は、東日本大震災を契機に帰宅困難者対策を進めており、自社に従業員を留めるための安全対策や備蓄の推進等に取り組んでいただける事業者には、「帰宅困難者一斉帰宅抑制対策推進事業者」として登録いただいています。(6月1日現在450事業者)
 今後もより多くの事業者の皆さまのご登録をお願い申し上げますとともに、市民の皆さまには、万一、地震が起きた時は、「むやみに移動を開始しない」ことを心がけてください。
 地震等への備えを万全とするためには、行政だけでなく市民や地域、企業の連携協力が欠かせません。災害への備えにご協力をお願いいたします。 

 さいたま市長 清水 勇人

帰宅困難者対策について
「帰宅困難者一斉帰宅抑制対策推進事業者」を募集しています
さいたま市の取り組みを紹介する動画もぜひご覧ください。

この記事についてのお問い合わせ

市長公室/秘書課 
電話番号:048-829-1014

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


ページの先頭に戻る