ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月9日 / ページ番号:C032437

動物愛護ふれあいセンターの紹介

このページを印刷する

住所 〒338-0812 さいたま市桜区神田950-1
電話 048-840-4150 ファックス番号 048-840-4159
休館日 日曜日及び月曜日(祝祭日の場合はその翌日も)、12月29日から1月3日まで

近年、動物に対する接し方や価値観が多様化しており、動物は単なるペットから、家族の一員へと変化してきました。反面、一部の飼主のモラルの低さに起因するトラブルや、動物への虐待、悪質な動物取扱業者等、動物にかかわる問題も増えてきました。
動物愛護ふれあいセンターでは、地域に密着して動物愛護精神の普及啓発を図り、人と動物がより快適に共生できる社会づくりを目指しています。

課の主な事務

  • 動物の愛護思想及び適正な飼養に関する知識の普及及び啓発に関すること。
  • 動物取扱業の登録・検査に関すること。
  • 特定動物の飼養又は保管の許可に関すること。
  • 犬及び猫の引取り及び収容に関すること。
  • 犬の登録及び狂犬病予防注射に関すること。
  • 狂犬病の鑑定及びこれに伴う犬の収容に関すること。
  • 動物に係る人と動物の共通感染症の調査研究に関すること。
  • センターに収容した犬、猫等の動物の管理、公示及び処分に関すること。
  • 動物の飼養又は収容の届出及び許可に関すること。

動物ふれあい事業

センターに収容された犬や猫のうちふれあい動物として適正のある犬猫と市民がふれあうことができます。

ふれあい事業のご案内

各種教室、講演の実施

犬のしつけ方教室、職場体験教室、出前講座などさまざまな教室、講演などで動物愛護思想を普及啓発しています。

講座、イベント情報

動物取扱業の登録・指導

センターではペットショップ、ブリーダー、トリミングサロンなど第一種動物取扱業者の登録や指導を行っています。

また、動物愛護団体や公営動物園など非営利の第二種動物取扱業者の届出の受付や指導も行っています。

動物取扱業

特定動物の飼養又は保管に関する事務

ワニガメ、大型ヘビ、ライオン、クマなど原則として飼育が禁止されている危険動物の飼養・保管の許可や指導を行っています。

特定動物

犬の登録と狂犬病予防注射に関する事務

各区役所くらし応援室で受け付けられている犬の登録や狂犬病予防注射に関する各種申請を取りまとめるとともに、市内動物病院への鑑札等交付事務委託契約を統括しています。

犬の登録と狂犬病予防注射

動物の飼養管理に関する苦情相談受付

犬の鳴き声や猫の外飼いによるふん尿の被害などさまざまな苦情や相談を受け付けています。また相談者に代わって飼い主に苦情を伝え改善をお願いしています。なお、野生鳥獣に関する事務は行っていません。

よくある質問

迷子犬等の収容、返還および処分

迷子の犬や明らかに遺棄されている犬や猫、飼い主が死亡するなどして飼えなくなった犬や猫を収容し、飼い主に返還できるよう公示やホームページで公示しています。

返還に至らなかった犬や猫は新しい飼い主に譲渡できるよう努めています。攻撃性や傷病の程度が重いことが理由で譲渡できない犬猫については安楽死処分を行います。

犬猫が迷子になったら、保護したら、動物愛護ふれあいセンターにご連絡ください。

収容動物(犬)のページ

収容動物(猫・その他動物)のページ

犬・猫の譲渡について

地図情報をスキップする。

地図情報

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/動物愛護ふれあいセンター 
電話番号:048-840-4150 ファックス:048-840-4159

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る