ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J001592

お知らせ

11月11日(いいひ いいひ)の「介護の日」事業として、表彰や事例発表、トークセッションなど、介護に関するフォーラムを開催します。

いま、地域にどんな課題があるのか、それは誰がどう解決したらいいのか

「あなたが地域でできることは?」をテーマにぜひいっしょに考えてください

障害者総合支援法に基づく指定障害福祉サービス事業所には次のようなものがあります。また複数のサービスを提供する多機能事業所もあります。

さいたま市では、認知症の早期発見、早期診断を推進し、認知症の重度化の抑制や治療可能な認知症への確実な対応を目的として、「もの忘れ検診」を実施しています。

不審な募金にご注意ください

生活保護費の不正受給の現状、防止対策等を紹介します。

生活に困窮している方や生活保護費の不正受給に関する市民の皆さんからの情報提供窓口です。

社会福祉法人・社会福祉施設一般指導監査の実施結果を公表します。

埼玉県委託事業として「地域で共に生きるナノ」が、さいたま市と共催して「高次脳機能障害地域相談会」を下記の通り開催致します。一人で悩まず困っていること・悩んでいること・など家族、当事者、支援者で交流し、情報交換をしましょう。

脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)や交通事故等によって脳が損傷を受けた後に残る後遺症です。脳の損傷部位によって症状は様々ですが、社会生活を送るうえで困難を生じやすく、適切な理解や支援が必要です。

高齢者を介護している方への支援の一環として、介護者カフェを運営する実施事業者を募集しその事業に対し補助金を交付します。

さいたま市立児童センター、放課後児童クラブ、老人憩いの家及び老人福祉センターの指定管理者候補者の審査が終了しました。審査結果につきましては、ダウンロードファイルをご覧ください。

高齢者が日ごろ受診する診療所等の主治医(かかりつけ医)の方に、適切な認知症診断の知識・技術や、家族からの話しや悩みを聞く姿勢の習得等をしていただくことを目的とした「かかりつけ医認知症対応力向上研修」を…

知的障害についての説明

医療技術の進歩により、ペースメーカ等の植え込みや人工関節等の置換をされても、支障がない程度に改善し、日常生活を送ることができる方が多くなったことを踏まえ、身体障害者手帳の認定基準が変わります。

さいたま市では、身元不明で保護されている記憶障害の男性について、情報を求めています。

福祉事務所が発行する「障害者控除対象者認定書」を提示することで、所得税や市県民税の障害者控除が受けられます。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る