ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2020年7月17日 / ページ番号:C065358

「警戒レベル」による防災情報の提供について

このページを印刷する

 平成30年7月豪雨では、各地で河川の氾濫や土砂災害が相次ぎ、人的被害は1府13県で死者・行方不明者数は200名を超え、極めて甚大な被害が広域で発生しました。当時、様々な防災情報が発信されていたものの、多様かつ難解であるため多くの住民が活用できない状況にありました。
 これを踏まえ、住民等が情報の意味を直感的に理解できるよう、防災情報を5段階の警戒レベルにより提供します。
 
 (変更前)                      (変更後)

          

発令される「警戒レベル」と住民がとるべき行動について 

   災害発生時、自らの命を主体的に守る避難行動がとれるように、5段階の警戒レベルで発令します。
  自治体から警戒レベル3・4が発令された地域の住民はすみやかに避難してください。

    level
         ※各種の情報は、警戒レベル1~5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。
           また、これらの情報が発令されていなくても、身の危険を感じる場合は避難を開始してください。


  

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 
電話番号:048-829-1126 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る