ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年4月7日 / ページ番号:C017585

負担調整措置

このページを印刷する

負担調整措置

負担調整措置とは、土地の評価額が急激に上昇した場合であっても、これに伴う税負担の急激な増加を避けるため、その引上げ幅を一定水準に抑えることで、税負担を緩やかに上昇させる措置です。
具体的には、土地の税額は評価額をもとに算定された課税標準額に税率を掛けて算出されますが、この課税標準額については、評価額に対する一定割合を上限とし、その上限に達していない土地について、毎年本来の課税標準額の5%を限度として課税標準額を引上げる措置を講じています。
なお、令和4年度に限り、商業地等(負担水準が60%未満の土地に限る。)については、令和4年度の課税標準額を令和3年度の課税標準額に令和4年度の評価額の2.5%(従来は5%)を加算した額とする措置が地方税法にて講じられています。

負担調整イメージ図

お問い合わせ先

 (1)北部市税事務所資産課税課
     〒330-8501 大宮区吉敷町1-124-1 大宮区役所5階
    土地第1係(西区・北区・大宮区担当)  電話 048-646-3114
    土地第2係(見沼区・岩槻区担当)    電話 048-646-3115
                        FAX 048-646-3164

(2)南部市税事務所資産課税課
   〒330-0061 浦和区常盤6-4-21 ときわ会館1階
    土地第1係(中央区・桜区・浦和区担当) 電話 048-829-1570
    土地第2係(南区・緑区担当)      電話 048-829-1571
                        FAX 048-829-1916

    ※手続きや相談は市税事務所総合窓口にお越しください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/固定資産税課 
電話番号:048-829-1185 ファックス:048-829-1986

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る