ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000151

交通政策

さいたま市地域公共交通協議会東西交通専門部会は、東西交通大宮ルートに関する専門的な協議等を行います。

さいたま市バリアフリー専門部会は、バリアフリーの推進に関し専門的な協議を行います。

さいたま市地域公共交通協議会バス専門部会は、コミュニティバス等に関する専門的な協議を行います。

国土交通省では2020年3月29日からの羽田空港のおける新飛行経路の運用の開始・国際線の増便に先立ち、新飛行経路を航行する航空機が使用する航空保安施設等の稼働状況等を確認するための飛行検査を行う。

国土交通省では羽田空港機能強化の一環として新飛行経路の運航を検討しております。

情報提供の一環として、地域住民の皆様に羽田空港の現状についてご覧いただける住民説明会が開催されます。

バリアフリー化の重点整備地区について掲載しています。

本市は、広域的な立場から都市交通計画を考えるため、国土交通省及び1都4県5政令市等で構成する東京都市圏交通計画協議会で活動しています。

平成30年9月から12月まで第6回東京都市圏パーソントリップ調査を実施しました。

交通事業者が実施する「声かけ・サポート」運動強化キャンペーンについて、九都県市首脳会議(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)として協力するものです。

さいたま市地域公共交通協議会は、地域公共交通網形成計画の作成及び実施に関して必要な協議などを行います。

市としてのバリアフリー化の目標や事業推進の基本的な考え方を示しています。

バリアフリーに係る「まちあるき勉強会」を紹介します

本市の交通分野の各種関連計画や施策の方針を示した基本計画です。

平成29年3月29日に南浦和駅東口エレベーターの供用を開始しました

さいたま市都市交通戦略は、本市の総合都市交通の基本的な考え方や方針を示した「さいたま市総合都市交通体系マスタープラン(さいたまSMARTプラン)」の短・中期に取組む実行計画となるものです。

さいたま市では、平成16年度に策定した「さいたま市交通バリアフリー基本構想」に基づき、統一された公共サインの整備を目的として、平成19年度に『さいたま市公共サインガイドライン』を策定しました。

市内の企業や団体にマイカーや自動車を控えてもらう「ノーマイカーデー」に取り組んでいます。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る