ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年6月21日 / ページ番号:C016490

特殊詐欺にご注意ください

このページを印刷する

※新型コロナウイルス感染症に関連した詐欺にご注意を!
全国的に、新型コロナウイルス感染症に関連した詐欺事件等に発展する不審電話等が確認されています。
不審電話等があった時には、個人情報は伝えず、最寄りの警察署または警察相談専用電話(#9110)へ相談してください。
関連HP⇒新型コロナウイルス感染症に関連した詐欺にご注意を!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

令和2年中のさいたま市内における特殊詐欺被害は、認知件数163件、被害額約4億2,909万円となっており、依然として多くの被害が発生しています。
特殊詐欺にダマされないように、日頃から家族や身近な親戚などと連絡を取り合い、注意し合いましょう。 

最近の手口

【注意!】
特に息子などの親族を装って現金をだまし取る手口や還付金があると言葉巧みに無人ATMなどに誘導して現金を振り込ませる手口が増えています。また、警察官や金融機関職員、百貨店社員等を装いキャッシュカードをだまし取ったり、すり替え盗み取る手口や使えなくなったように見せかけて持ち去る手口にもご注意ください。

1.キャッシュカードをだまし取る手口
「あなたのキャッシュカードが悪用されている。偽造されている可能性があるため、キャッシュカードを交換する必要がある。」等と言い、キャッシュカードやクレジットカードをだまし取ります。

2.キャッシュカードをすり替え盗み取る手口
犯人があらかじめ用意した封筒に、被害者自らキャッシュカードや暗証番号が書かれたメモを入れさせ、封印するために「印鑑を持ってきてください。」等と言い、被害者が封筒から目を離したすきに別の封筒とすり替えキャッシュカードを盗み取ります。

3.キャッシュカードを使えなくなったように見せかけて持ち去る手口
「あなたのキャッシュカードが悪用されていたので破棄する。」等と言い、キャッシュカードの端にハサミで切り込みを入れて、使えなくなったように見せかけて持ち去ります。

被害に遭わないよう「キャッシュカードは渡さない。暗証番号は教えない。」ようにしましょう!

特殊詐欺被害を防止するために

  • 「電話番号が変わった」、「現金を代わりの者が取りに行く」、「キャッシュカードを預かる」などの内容の電話に注意する
  • 在宅中も留守番電話機能などを活用する
  • 「振り込め詐欺撃退チェックシート」を活用する
    振り込め詐欺撃退チェックシート(PDF形式:214KB)

不審な電話がかかってきたら

  • 慌てず、お金はすぐに振り込まない・渡さない
  • 直接本人に会って事実を確認する
  • 家族、警察に相談する

 もし不審な電話がかかってきた場合は、「けいさつ総合相談センター」又は「お近くの警察署」に相談しましょう。

お問い合わせ先

  • けいさつ総合相談センター 電話番号:♯9110(ダイヤル回線及び一部IP電話からは☎048-822-9110)
    24時間受付(夜間及び土曜日・日曜日・祝日・年末年始は当直対応となります。) 
  • 浦和警察署 電話番号:048-825-0110
  • 浦和東警察署電話番号:048-712-0110
  • 浦和西警察署電話番号:048-854-0110
  • 大宮警察署 電話番号:048-650-0110
  • 大宮東警察署電話番号:048-682-0110
  • 大宮西警察署電話番号:048-625-0110
  • 岩槻警察署 電話番号:048-757-0110

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/市民生活安全課 交通防犯係
電話番号:048-829-1219 ファックス:048-829-1969

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る