ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年11月5日 / ページ番号:C036750

富士電機株式会社 北関東支店(一斉帰宅抑制対策取り組み事例)

このページを印刷する

 弊社では大規模災害等が発生した際の対応マニュアルを策定し、運用しております。
 一斉帰宅の抑制を実現するための取り組みとしては、非常食、飲料水(3日分)、多機能ラジオ、ランタンライト等の備蓄品を確保しています。合わせて、安否確認等情報収集のフローを定め、出張者を含めた従業員の安否確認体制を整備しています。備蓄品及び災害対応自動販売機
 事務所には災害や緊急事態の発生で停電した時に、管理者の操作で非常用電源より必要な電力を供給して庫内の商品を取り出す機能を持った自動販売機を設置し、災害時には地域の皆さまのお役に立てるよう準備をしております。
 また、弊社では大規模地震の際などに建物の堅牢性を常時監視出来る「構造モニタリングシステム」を開発し、本システムの普及を通じて滞在場所の安全性が確保される社会のインフラ整備に取り組んでおります。
 弊社は今後とも、災害時に従業員を会社に留めおく方針を実行できるよう一斉帰宅抑制対策に取り組んでいきます。

会社概要

事業所名:富士電機株式会社 北関東支店
所在地:さいたま市浦和区上木崎2-11-21
事業内容:電気機器の開発・製造・販売・サービス

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 防災対策係
電話番号:048-829-1127 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る